« あけましておめでとうございます | Main | 雪の日 »

January 15, 2008

お雛様

お雛様
突発性発疹以来、はなみずと咳が続いていたデコですが
昨日、いよいよ熱が出てきました。

へたってます。

しかし、今日は山梨から実家の母が来て
予定通りデコのお雛様を見に行くことになりました。
デコとパパはお留守番です。

浅草橋の人形店街を回りました。
リアルな人形が大の苦手な私のキーワードは「木目込みの立雛」です。
着物と顔立ちに注目していくつか回るうちに
あるお店で、目の片隅に、
素敵なたたずまいを感じました。
近づいて良く見ると、上品な色合いの古裂をまとった顔の小さな立雛で
あまりの美しさにその場を離れられなくなってしまいました。
店員さんによると、顔も体も、着物もすべて
一人の人形作家さんの手によるものであり
作家さんが集めた年代ものの古裂を着ているとのこと。

母は値段を見て、「これを見ちゃ駄目よ。他のが見られなくなる」と
私の袖を引っ張りました。
でも、どうしてもあきらめ切れませんでした。

お雛様は、毎年愛でるものであり
文化として、孫へと受け継ぐものではないでしょうか。
・・・といっても、懐を痛めるのは母なので
多少の申し訳なさを感じないわけではないですが。

母は、もっとかわいらしい、ぼんぼりとかなんとか
装飾のある華やかなものをデコに買ってあげたかったらしく
電車に乗り込むときまで
「あなたの言うことはよく分かるのよ。だけど
 なんだか、あなたに買ってあげたみたいね。
 大きくなったら良さが分かるかもしれないけれど・・・
 でも、気にしないで。
 お母さんも、あれが本当に言いと思うわ。この気持ちはすぐに吹っ切れるから」と
いつものように、一人で納得しようとしてぶつぶつ言ってました。

 

|

« あけましておめでとうございます | Main | 雪の日 »

Comments

こんにちは。
デコちゃん、“突発”の洗礼を受けたのですね。かわいそうだけれど、これからどんどん免疫をつけていくのですねー。

おひな様についての、お母様とHOORN先生のどちらのお気持ちも、分かる気がします。
きっと将来、価値の分かるお嬢様にお育ちでしょうけれど、途中、お友だちの雛人形に惹かれることはあるかもしれませんねー。
それにしても、お雛様が届いたら、UPが楽しみです♪

私の母は、内裏びなに目がなくて、陶器で作られた小さな内裏びなを 川越でわざわざ 入手したり、手作りしたり、なにやかやで、ひな祭りの頃は実家の家中にぎやかです。

HOORN先生、山梨のご出身だったのですね!
学生時代を過ごしました。懐かしいです。


Posted by: ふう | January 15, 2008 at 11:05 PM

ウチの妹も女の子なので、来年は、きっと、父が張り切って、買いに行くでしょう。
なので、今から、妹に「あんた、絶対についていきなよ。見栄はってとんでもないの買っちゃうから。」と念押ししております。
今のお雛様は、昔のような、『何段飾り』というものより、その家に合った大きさので、保管が簡単な物の方がイイというのが、妹と私の意見ですが、父は見栄っ張りなので、下手をするととんでもないものを買ってきてしまいそうなのです。
私のお雛様で懲りてくれていればいいのですが・・・。
ちなみに、私のお雛様はおじいちゃんが買ってくれた八段飾り。
もう、何年も押入れに入ったままです。
おじいちゃん、可哀そうに・・・(苦笑)。

Posted by: Luna | January 19, 2008 at 10:16 PM

>ふう様
「なんで私のお雛様は、みんなのと違うの?私もああいうのがいい」といわれそうな気はしています・・・(泣)その時、このお雛様にまつわるお話を沢山してあげられるように、情報をあつめておかなきゃ・・・と思っています。山梨で学生生活ですか!実家は甲府の駅のすぐ近くなので、もしかしたら近くをお通りになったかも知れませんよ☆

>Luna様
大きな売り場で見ると、家の棚に乗るような大きさのものは、とても寂しく見えます。ぜひ、ついていかれたほうがいいでしょう!八段飾りとは!私の実家にも七段飾りがありますが、もちろんもう何十年も、押入れに入ったままです・・・

Posted by: HOORN | January 23, 2008 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/17698786

Listed below are links to weblogs that reference お雛様:

« あけましておめでとうございます | Main | 雪の日 »