« December 2006 | Main | February 2007 »

January 29, 2007

お散歩

お散歩
陣痛、まだ来ません。
なので、今日は青山界隈をお散歩。
ワタリウムのカフェで一休み。
お腹は下りて来て動悸はしなくなったけど
お腹から腰に重りを巻き付けているみたいに
体が重い。
「一駅前から立ち上がる準備してないと、降りれないのよ」と外来で訴えるおばあちゃんの気持ちがわかった気がした。

| | Comments (1)

January 24, 2007

どうにか間に合った?!

妊娠38週。

本日の検診でビショップスコアー 6/8

(つまり、胎児と子宮の準備が着々と整っているということ)

推定体重 3300グラム!!

・・・つまり、いつ生まれてもおかしくないらしい。

昨日で論文は、一応形となった。

あと一本抱えているけれど、粛々と進めるしかない。

「その時」が近づいてきていると思うと

少し興奮気味の私たち夫婦。

| | Comments (11)

January 20, 2007

整形外科医 将来の展望

このごろ、自分の将来進むべき方向についてよく考える。

昔は、どんなオペでも一通り出来て、救命救急の場でも活躍できて、

スポーツ現場で一流のスポーツ選手を相手に仕事をする自分を夢見てきた。

確かに、そんな整形外科医はかっこいい。

整形外科医たるもの、そうあるべきと考えている先輩たちがほとんどである。

私は子供を育てながら大学病院に残る道を探っていきたい。

骨粗鬆症に興味を持つようになり

大学院を通して基礎研究にも携わるうちに

これら二つを武器に大学病院に残っていくことが可能かどうかを考えるようになった。

講義や雑用、臨床研究の地道な作業などを率先してやることが求められるだろうし

実は、そういうことを進んでやる人間が

外科系にも必要なのではないかと、ひそかに願っている。

私の研究の指導をしてくれている先生が、手術の腕至上主義のボスに飲み会の席でこんなことを進言してくれた。

(両者共に、私の属する骨粗鬆症班の先輩である)

「今、僕たちが一番に考えなきゃいけないのは、子供を産んで復帰するこいつを応援することなんですよ。手術の件数や技術の豊富さだけを評価するのではなくて、専門性を持って大学に貢献するということを評価するような体制が必要だと思いますよ。自分の居場所さえ履き違えなければ、骨粗鬆症や研究を専門にする整形外科医にも十分に活躍の場があるとおもうんですよ。」

この言葉を聞いたとき、本当にうれしくて

それ以来、希望をもってがんばろうと考えている。

| | Comments (9)

January 17, 2007

間に合うのかしら…

間に合うのかしら…
今日の検診で、「子宮口が2センチ弱開いてます」と言われました…。
予定日は2月8日ですが…
昨年一度、ある雑誌に論文を投稿したのですが、
おもいっきりリジェクトされ
現在、出て来る前になんとか別の雑誌に投稿しようと、準備を進めているところです。
写真は、青く染めた細胞を数えているところです。
…手作業です。
自動計測してくれるソフトも試したのですが、いろいろな要因でうまくいかず
結局手作業です。
あと一週間は、何とかお腹の中にいてくれないかなと
願っているところです。

そんな私の心を知ってかしらずか
モニターに写った我が子は
大きなあくびをしていました

| | Comments (8)

January 09, 2007

ありがとう

今日、主人の個展にyukidarumakoさんが遊びに来てくれました。

もちろん、タロちゃんもいっしょに。

主人はタロちゃんにメロメロで

うちに帰ってからもタロちゃんの写真を見てにやけていました。

写真は、yukidarumakoさんにいただいたカエル君です。

GRデジタルに乗って主人と一体化しています。

yukidarumakoさんは、予想通りの素敵な姐さんでした。

初めてお会いした感じがせず、話し込んでしまいました。

幸せな一日でした☆

| | Comments (2)

妊婦(臨月)の着物の着付け

妊婦(臨月)の着物の着付け

おととい、お茶の教室の新年会に出席するため
着物を着ました。
ポイントは、胸とお腹の間の谷間を、タオルで補整することと、
帯を高い位置でしめること、
腰紐はお腹の一番下に回すことです。
着崩れす、案外楽でした。

| | Comments (19)

January 07, 2007

命について考えさせられるフラッシュアニメを二つ紹介します。

両方とも、有名だから皆さんはもうご存知かも・・・

WALKING TOUR

キミとボク(トップページから、「キミとボク」をクリックすると見られます。)

遠のきつつある命に直面している人、

永遠の悲しい別れをしなければならなかった経験のある人

最期のときをむかえつつある人

そんな人へのあたたかいメッセージだと思います。

猫好きの人(私は弟を思い出しました)は「キミとボク」を涙なしでは見られないでしょう・・・

「死」を考えることは、生きることを考えることだと思います。

新しい命を産み、育む責任を負う立場として

「生」と同時に「死」を見つめることも必要だと考えています。

| | Comments (0)

January 03, 2007

あけましておめでと!

あけましておめでと!

更新が滞りがちですみません。

1月から産休に入ったため、早速ベビードレスを編もうと思い

オーガニックコットンの糸と木のボタンを買ってきました。

スタイ(よだれかけ)も、手作りしたいなって考えて

布も買ってきました。

たぶん、7月に仕事復帰するまでしか手芸をしている暇はないんだろうなと思います。

久しぶりに編み棒をもったら、早速中指がつりました。

旦那は、おそろいのニットの帽子が欲しいそうです。

本を見ながら、自分でかぎ針編みに挑戦しています。

無事、生まれてくることを祈りつつ

少しずつ準備を進めております。

| | Comments (5)

« December 2006 | Main | February 2007 »