« インカレ | Main | 外科医としての覚悟 »

November 27, 2006

頭を離れない患者さん

2年ぐらい、「腰部脊柱管狭窄症」で私の外来に通っている患者さんがいる。

調子のいいときも悪いときもあった。

歩けなくなっては困ると、毎日毎日、休み休み歩いている。

半年ほど前に、たまたまほかの曜日にかかったら

脊椎専門の大先輩の当番の日で

「私の病院で手術をしてあげる」と

とんとん拍子に話が進み、その患者さんは手術を受けた。

私は看護婦さん伝いに、そのことを知った。

5ヶ月ほどして、私の外来に久しぶりに現れた。

人が変わったような硬い表情にドキッとした。

手術後も痛みは変わらず、仕事ができなくなったために小さな町工場をたたみ、機械を売ってしまったこと、息子が失業して借金があるらしいこと、眠れないことを、切々と訴えた。

手術をした先輩医師には相談したか、と聞くと

「リハビリをがんばれって言われるだけなので、退院してから1回しか行っていない」という。

決して評判の悪い医師ではないし、わざわざ自分の病院に連れて行ってまで手術をしたということは

その患者さんの責任はもつ、ということだと考えて

先輩医師の外来への受診を勧めた。カルテに今日お話してくださったことを書いておくから、きっとなにか案を出してくださいますよ、と。

3週間後、前と変わらない状態で来院。

カルテには、先輩医師の字で「Lumbago(腰痛)(+)、うつ状態。」とだけ書かれ、睡眠導入剤と抗うつ薬が処方されていた。

聞けば、「ボーっとなるから飲んでいない」という。

「心のケアを一緒にすることが大事。長く痛みを患っている方は、気持ちもふさいできてしまうから、脊椎の専門の先生はそういう患者さんの心のケアも出来る人が多い。ボーっとしすぎるなら調節が必要だから、もう一度先輩医師の外来で相談するのが一番いいと思う」とお話した。

なんとなく、引っかかるものを感じながら、患者さんの背中を見送った。

看護婦さんが「でもね、あの先生、あんまり患者さんを親身に診ないのよ。仕事がしたくないって感じ。あの患者さんもすっかり様子が変わっちゃったわね・・・」とつぶやいた。

一度メスを入れた患者は、とことんまで責任を負うべきだと思うし

先輩医師のように、私は精神科の薬を使い慣れていないので調整に自信はない。

心療内科や精神科に紹介すると、こういう患者さんの場合、「痛み」が主症状なので「それについては整形外科で・・・」と、治療が中途半端になることも多い。

「では、私のところに顔を見せに来てください」と言いたいのは山々だが・・・

今後、先輩医師といい関係を築いて治療がうまく行ってくれることを祈るばかりである。

|

« インカレ | Main | 外科医としての覚悟 »

Comments

難しい問題だなと読んでいて思いました。

同じく人と接する教員みたいな仕事をちょこちょことやってますけど、どうしても見る生徒の数が増えてくると、一人一人に割く時間が減っくるというトレードオフの関係があると思います。
正直面倒な生徒さんも居ますし。
でも、教員なんかの場合は比較的保護者の目が最近は厳しいので、数が多かろうが、どんな生徒であろうが、疎かにしていると、攻撃を受けちゃうんですけどね。
評価みたいなのもされるようになってきましたし。

今後は医療業界もおそらくきちんと患者さんを見ることが出来ないDr.は患者が選択しなくなって、淘汰されていくんだとは思いますが、まだまだ「お医者様」感覚のDr.は多いんでしょうかね。
僕の感想だと、むしろ自分の命に関わることだからこそ、そういうDr.は淘汰されて欲しいし、臨床に出てこないで欲しいと思ってしまいます。

Posted by: deodeo | November 28, 2006 at 03:19 PM

そうですね、私はそんな重病を患ったわけではなかったけれど、この秋は主治医との意志の疎通には困難を感じました。「切るか切らないか」を接点にしか話をしない外科医と、痛みを抑えるにはどうすればいいのか、内科的治療を知りたい私との話は平行線でした。「痛みと不安は主観的な問題だ」と言われて、相手にされませんでしたし、満足な説明は頂けませんでした。

「チーム・バチスタの栄光」にも、似たようなエピソードがありました。医師患者の人間関係は難しいと思います。親がよく、「子供を人質にとられているので先生には本音が話せない」と陰口を叩く様に、医者に対しては診てもらっているので、なかなか本音が言いにくいし、ましてやラポールがなければ、話せません。症状の改善は、主治医に対する心理的に良好な「依存と信頼」の二人三脚のもと、辿り着くものだと思います。

単に、スタンダードな治療と結果の相関だけを見ていては、患者は「うつ」状態になってもおかしくないでしょうね。自分の心理状態は置き去りにされているわけだし。自分の感じている「痛みや不安」に寄り添ってくれない医師に信頼は置けないと思います。多分。

・・・少し前の自分の状態を思い出して、色々書いてしまいました。

Posted by: 寧夢 | November 30, 2006 at 04:18 AM

Hoornさん、ほんとーにおひさしぶり
赤ちゃん、楽しみですね!(すごい遅いけどご結婚も)(それからPhDも)いっぱいいっぱいおめでとうございます!!!

ところで...仕事の話
最近私、診療整形外科さんのブログをしっかり読んでいます
http://junk2004.exblog.jp/
この先生の話では下肢の痛みは筋膜性という説がありそうでそれにプラス慢性的な痛みによるうつもありそうですが、なかなか説得力のある話なんです よかったらこの患者さんの下肢の痛み、腰の痛みをトリガーポイントで治療する+心からのアプローチを探ってみられたら?

Posted by: にのちか | December 03, 2006 at 08:22 AM

>deodeoさん
「きちんと患者さんを見ることが出来ないDr.は患者が選択しなくなって、淘汰されていく」という原理が働かないのが、医療業界。
患者さんから評判が悪いから、とやめさせられた医師を見たことがありません。教師が評価される対象になったのも最近ですものね。「患者の声」ポストから毎月苦情がくるような医師も、呼び出されて注意を受けるぐらいです。それくらい守られている職種であることはありがたいことではあるけれど、肝に銘じて自分に厳しくしないといけないと思ってます。

Posted by: HOORN | December 04, 2006 at 04:27 PM

>寧夢さん
寧夢さんのコメントに、お答えしようと思ったら長文担ってしまったので、記事にしました。
ありがとうございます。

Posted by: HOORN | December 04, 2006 at 04:39 PM

>にのさん!
ありがとうございます。
わたしも、診療整形外科さんのところにお邪魔してから、比較的よくトリガーポイントを使っています。実際、きちんと使うと劇的に効くこともあり、武器のひとつにしています。
 やはり、圧痛点があるかどうかがポイントになると思いますので、この患者さんの痛いところを、今度是非、そういう目で探ってみようと思います。

Posted by: HOORN | December 04, 2006 at 04:42 PM

What i don't realize is if truth be told how you're no longer really a lot more neatly-favored than you might be now. You are so intelligent. You understand therefore significantly relating to this matter, produced me individually imagine it from so many numerous angles. Its like men and women are not involved unless it's something to do with Lady gaga! Your personal stuffs excellent. At all times deal with it up!

Posted by: free music downloads | February 28, 2015 at 01:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« インカレ | Main | 外科医としての覚悟 »