« 亀田親子に泣かされた・・・ | Main | 子宮の動き »

August 07, 2006

実験中

実験中

最近、お腹の子供の耳が聞こえ始めた頃だって思ったら、
全てが胎教になってきた。
出勤中は、
「暑いねー。でもママは頑張るよ」と、独り言を言い、
外来は、
なるべく美しい言葉で、笑顔で、と心掛けてみている。
そして、今
誰もいなくなった実験室で
機械のブーンという音だけが響くなか、
お腹に向かって「静かだねぇ。今ね、タンパクのね…」なんて話し掛けていたら、
急に「アカチャンがオナカにいる」という現実を実感できなくなった。
早く帰ろう。

|

« 亀田親子に泣かされた・・・ | Main | 子宮の動き »

Comments

『美しい言葉』『笑顔』。
大切なことなのに、普段なかなか意識してない。
でも、赤ちゃんの為なら、きっと、自然に出来てしまうのでしょうね。
・・・なるほど☆
『子供が親を育てる』ってこういう事なんですかねぇ!?

でも、何で『急に「アカチャンがオナカにいる」という現実を実感できなくなった。』んでしょうか?
やっぱり、未経験の私にはわからないコトだらけです。
それだけ、妊娠ということが神秘的なことだということなのかもしれませんね。
(というか、私が鈍感なだけかもしれないケド^^;)

Posted by: Luna | August 07, 2006 at 11:36 PM

「研究室!」って感じですね~。
うちとは大違い。

Posted by: Yokoken | August 08, 2006 at 11:48 AM

>Lunaさんへ
そうですね。日々、私も育てられてます。
なんとなく、無機質な場所にいると「母」としての気持ちが鈍るというか、温かみを感じづらくなるというか・・・ふと、ですけれどもね・・・

>yokokenさん
そりゃあ、そうですよ。バリバリの「もれきゅらーばいおろじー」実験室ですもの・・・。劇薬いっぱい・・・

Posted by: HOORN | August 08, 2006 at 10:50 PM

すでにHOORNさんの感受性や行動が、一人ではなく「二人」としてのものになってますね^^
順調そうでなによりです。
思い起こせば、マタニティ時代は夢のような時間でしたよ~。感じたこと、思ったことを大切にしてお過ごしくださいね。

Posted by: kotokoto_01 | August 08, 2006 at 11:49 PM

>kotokotoさんへ
「夢のよう」にすごせたkotokotoさんのお子さんは、きっといい子になったでしょうね!!!
わたしも、穏やかに、ハッピーに日々過ごせることを、こんなに幸せに感じたことはありません。
子供を愛する純粋な気持ちだけで、過ごせるからでしょうね。
かわいくて、聞き分けのいい子を思いっきり想像しながら、愛おしく思っています。
実際は、ものすごいいたずらっ子だったりして・・・
それはそれで、かわいいでしょうね。
健康で生まれてきてくれればいいなぁと、思っています。

Posted by: HOORN | August 10, 2006 at 06:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 亀田親子に泣かされた・・・ | Main | 子宮の動き »