« 帰省 | Main | 愛車との別れの時 »

July 26, 2006

帰省no.2

実家で雑誌の「妊すぐ」を見ていたら、母が

「おばあちゃんになるための準備雑誌はないのかしら?」と

ちょっと不満そうだった。

マタニティウエアーを真剣に選ぶ私に

「あんたは、今ある服をいかに使うかを考えなさいよ!もったいない。
 なんだったら、私のワンピースをあげるわよ。
 おばあちゃんは、かわいい孫の着る服を見るの♪」と

雑誌を奪っていってしまった・・・・末はダメばあちゃんか?!

父は、相変わらずものを言わない人だった。

一泊した朝、突然相方に向かって「滝でも見に行くか?」と言い出した。

私だけまだパジャマだったが、相方が不安そうな顔をするので

化粧もせずに着るものだけ着て、靴を履き始めている父を追った。

家から車で30分ぐらいのところに、有名な景勝地がある。

車の中では、私だけが雄弁だった。父に話しかけ、父の答えに相方が相槌をうった。

滝のそばまで車で行くと、

「おまえは階段が滑ってあぶないから、ここにいなさい」と

独りで歩き始めた。相方が後を追った。

「もしかしたら、2人で来たかったのかな・・・」なんて思いながら、車の中で本を片手にうたた寝をしていた。

家に帰って聞いてみると、別に特別な話をしたわけではなかったらしい。

父なりの、おもてなしだったのだろう。

***

父のエピソード。母談

「そういえばお父さんね・・・・

 『子供には俺の名前は使わないのか?』とか言うのよ。 

 ばかね、それは○○郎(弟)の子供が生まれたときでしょ、って言ったら

 『そうか・・・そうだよな・・・』って、ちょっと寂しそうで

 その後も、『・・・いかんいかん、今回は違うんだ』とか、ひとりでぶつぶつ言ってるのよ・・・」

やはり、孫が生まれるのはうれしいらしい・・・

|

« 帰省 | Main | 愛車との別れの時 »

Comments

> 末はダメばあちゃんか
間違いないですね。
って失礼ですが…。

うちの親もなんだかんだ普段は色々言ってるけど、甥っ子が来た時にはもうメロメロになっちゃってますから…。

Posted by: Yokoken | July 26, 2006 at 09:03 PM

>Yokokenさんへ
孫の威力って凄いですね・・・
父親のダメぢいちゃんぶりを早くみたい気もするこのごろです。

Posted by: HOORN | July 30, 2006 at 11:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 帰省 | Main | 愛車との別れの時 »