« 女性がひとりで生きるということ | Main | 課題 »

March 01, 2006

雪を侮る無かれ

雨が降っていますが雪にならないといいですね。

雪が積もった次の日は骨折患者さんが倍増することは

整形外科医の間では「常識」となっています。

特に、東京は!!!

自転車で!出かけて滑っただことの、ヒールの靴!で出かけて滑っただことの

言語道断ですよ。危険です。

今年は雪下ろしをしていて亡くなった方も多かったですね。

今日、English Townの英会話レッスンで、先生が

「アメリカでは『雪下ろし』はしない。snow rakeっていう便利な道具があるんだもの!」と言っていました。

私が知らなかっただけかもしれませんが

アメリカにはこんなものがあって、一家に一台という状態だそうです。

f07078_dt 柄の部分は、もっと長くすることが出来るのだとか。

これで、厚く積もった屋根の雪も楽に下ろせるそうですよ。

詳しくはこちらこちらのページへ。

日本にも、売っているのでしょうか?

うちにはスコップさえないので

雪が降ると、前の建設会社にスコップを借りに行って

雪かきをします。

マンションの前とか、いつまでも

誰も雪かきせずに凍っていることがありますね・・・

ニュースでは報道されませんが、雪で大怪我をする人は相当数に上ると思われますので

みなさん、雪かきをしましょう。雪が積もったら、自転車に乗るのはやめましょう。

そして、スノーブーツを履いて、出かけましょう。

整形外科医からのお願いです・・・(って、もっと早く言うべきですね。春はすぐそこ。)

|

« 女性がひとりで生きるということ | Main | 課題 »

Comments

ジジです。
いや、ほんと。
東京の人の中には、『雪かき』ていう概念すら無いんじゃないかというような状況の日が、結構ありますよ。
雪かきしないから、そこらじゅうでツルゴチッ、ツルゴチッ!の繰り返しですもの。

うちの実家の方では考えられない。

雪が降ったら、雪かきをして、滑りにくい靴を履くこと!なんていう法律でも作った方がいいんじゃないのかなぁ、なんて思います。

Posted by: ジジ | March 01, 2006 at 02:14 AM

こちらとこちらが・・・
英語です~。

久々の登場でした。

Posted by: アーチカ | March 01, 2006 at 04:38 AM

だいじょうぶ、こっちじゃ雪降らないから♪
こっちの子に霜とか霜柱を説明するのは難しいぞー(笑

Posted by: 和田草子 | March 01, 2006 at 11:16 AM

>ジジさんへ
本当に、みんな無頓着すぎますっ!
アメリカでは、銀行や大手企業の玄関先は完璧な雪かきをするそうです。・・・訴えられるから・・・(笑)。そこまで行くとどうかとは思いますが、「おもいやり」の心で雪かきしたいものです。

>和田さんへ
そうかぁ。沖縄の子供達にあの快感を教えてあげたいです!でも、今は東京の子供達も周りから土がなくなっちゃったから霜柱を想像できない子も増えているかもしれないですね・・・

Posted by: HOORN | March 04, 2006 at 04:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 女性がひとりで生きるということ | Main | 課題 »