« February 2006 | Main | April 2006 »

March 30, 2006

修復ミッション成功!

修復ミッション成功!

前の記事の続きです。 製図用電動消ゴムで見事消えました! めでたしめでたし。

| | Comments (37)

March 29, 2006

内職失敗!

下の記事の続き。 気付きました? ce゛L゛emony(~_~;) 馬鹿ですね… どうしよう…

| | Comments (2)

March 28, 2006

内職大好き

内職大好き

案内状づくりに励んでいます。 結局、手作りの方がお金がかかるのですが 案内状は パーティーへといざなう扉ですから 手を抜くわけにはいきません。 大切に大切に 気持が届くように 心を込めてつくります

| | Comments (5)

March 27, 2006

きょうの猫村さん

友達が、すすめてくれました。

「きょうの猫村さん」
http://banner1.bcdc.home.ne.jp/common/exteriors/cpromotion/nekomura/
http://banner1.bcdc.home.ne.jp/common/exteriors/cpromotion/nekomura/neko01.html

483

みょーに人間っぽい猫に
心がくすぐられます
ストレスをためると爪とぎを止められず
血が出てしまって

雇われ先の不良のお嬢さんに
カットバンをもらってじーんとする・・・
眺めているだけで、癒されます。うふふ。

NICE TIME(こるぐさん)
つかさの毎日1990号(つかささん)

| | Comments (132)

March 24, 2006

スキー場でお仕事NO.2

患者さんのために雪のゲレンデを何回もダッシュしたら
脛の筋肉を痛めました。
いわゆる日にち薬で治すしかない、という状態。
大人しく雪でアイシングして、お風呂は軽めにし、湿布を貼って寝ました。
今日はだいぶ軽くなりました。
人体実験をしながら治療法に自信を深めております(-_-;)
写真はコース途中に造った雪ペンギンもどき。dsc00275.jpg

| | Comments (0)

March 23, 2006

スキー場でお仕事

今年もスキー場でお仕事です。
日曜日に帰ります。
平日はがらがらなので、怪我人も少ないです。
スノーボーダーのパーク離れが進んでいるように思います。
危険性が認識されてきたからでしょうか。
スノーボードクロス用のコースを造ることを考えているそうですよ。
ここ5年ぐらい怪我のデータを解析して
論文にまとめました。
スキー場の経営に、怪我人の減少に、
役に立てればと思います。dsc00273.jpg

| | Comments (3)

March 21, 2006

起きろって!

でた(~_~;)
さて問題
どうやって撮ったでしょう?dsc00272.jpg

| | Comments (10)

March 19, 2006

夕焼

夕焼けが綺麗
ビルの谷間に富士山のシルエット。
意外に大きく見えるのでびっくりです。
あの麓に故郷があるとおもうと
すごく不思議。dsc00270.jpg

| | Comments (6)

March 15, 2006

春ですね

いつもの職場だからこそ
ふと見せてくれた表情に
足をとめてしまう。
ありがとう。
がんばるね。dsc00268.jpg

| | Comments (0)

March 14, 2006

己を斬る

Orthopaedic Dr, の日常(neikochangさん)からのTB

「あたしは心の中で人を斬ってる人と一緒に居ると苦しくなってくる。
お話してても心が湧いてこない。会話は楽しくしたいのでなんとか盛り上げるけど、
独りになるとドッと疲れが出てくる。彼らは前には進んでいない。
今居る所で、周りを見て、攻撃して、エネルギーを浪費している。
あたしが一度会って、また逢いたいなって思う人は
考えてみると、み〜んな己だけを斬る人なのだ。そかそか〜。
あたしも、ずっとそんなハッピーマインドでいたい。
でも、たぶん、自分だけを斬る、の先にもっと上のステージが有るのだと思う。」

先週、年齢は上下5つぐらいずつ違う女性と3人で食事をした。

ものすごく、居心地がよかった。

人がどうした、誰はこうだとか、そんな話は一切しない。

ただ、自分が今考えていること、これからの在り方

人との関わり方、お互いの道について。

ハッピーパワーがぐるぐる回っていた。

「大丈夫だよ、自分に問いかけてごらん、
  答えが出るまでに時間がかかって当然なんだよ」

そんな一言が、すごくうれしい。

・・・今、テレビでも女同士で人を批判するタイプのものが多いけど
  見ているとカラータイマーが鳴る。
  この人たちも、疲れるんじゃないかな、そう思う。

| | Comments (6)

March 12, 2006

一週間

更新が一週間も遅れてしまいました・・・

怒涛の一週間で・・・振り返ると・・・

月曜:午前の外来が3時まで。低血糖で冷や汗が出る。
    夕方から当直。幸い、入院が必要な患者さんは来院せず。
    お得意様一人。近所に一人暮らしのお婆様で
    腰が痛いと元気に歩いて来院され、
    
最近の近況報告を、ひとしきりお話していかれました。
    孫が大学受験で、嫁がかかりきりで・・・とのことでした。
    

火曜:一日実験室の日。
    ウエディングドレスがどうにも気になって、もう一度ウェブページチェック。
    ○ツラ○ミのページで!!!!母も気に入るだろう私のイメージぴったりのドレスを発見!
    いてもたってもいられず、電話で予約して、早速試着。
    「これ、以前も見ていただきましたよ・・・」といわれたけれど
    つるしてあるのと着るのとでは大違い。即決め。
    母に写メールで「これに決めるよ」と送り、契約しちゃいました。
    ほっと一一安心。
    夜、先輩と「女医会」を催す予定が流れてしまい
    相方と焼肉やで乾杯。マッコリが回って、早々に就寝。

水曜:昨日の分までラボワークに精を出し、夜は御呼ばれで神楽坂の料亭でお食事。
    血液が芋焼酎で置換され、千鳥足で帰宅。

木曜:夜、久しぶりに会う女友達と赤坂でお食事。
    それにあわせて、朝早くから分単位で実験。昼はカロリーメート。
    三次会のカラオケで熱唱&踊りまくり。

金曜:昨日のはしゃぎすぎがたたって、声が出なくなる。
    外来で、耳の遠いご老人たちと話すたびに、血が出る思い。
    夜は、お茶のお稽古。不摂生がたたって、足がつる。

土曜:午前中外来、美容院経由で弟の友達と三軒茶屋でパーティー。
    平均年齢を、相方と私で引き上げるぐらい若いメンツだったので
    相方の「お兄さん節」炸裂ぐあいが、面白かった。

今日:・・・やっぱり、風邪を引いた。

こんなに、飲み会が続くことはこの半年ほど無かったので、体力の配分を間違えたみたいです。

久々に何も無い日曜日。引きこもり状態で体力の回復に専念しました。
ビタミンと、休養と、水分補給。これに限ります。

また、明日からがんばります。

| | Comments (9)

March 07, 2006

ドレスをめぐる争い

dsc00257 日曜日、母と青山にウエディングドレスを買いに行った。

3軒ほど回ってくたくたになって表参道ヒルズで夕食にした。

せっかくの大人の安らぎスポットで、

食事もままならないくらいの大喧嘩になった。

オフホワイトでやわらかくて目にも優しい、天然シルクを使ったインポート物を着たい私と

凛としてすっきりとした真っ白なマーメードタイプが気に入った母。

「背筋を伸ばしたきりっとした花嫁のほうが、あなたらしい」という母。

違うのにな。相方といる私は、優しく柔らかでありたいのにな。

でも、私が高いインポートは確かに、贅沢だし、

マーメードもいいかもな・・・と考え始めていた。

「あなたの好きなものを着なさい。でも、お母さんは・・・」

「でも、お母さんは・・・」と何度も同じことを繰り返す母に


私が明らかにむっとしたのだろう。

「あなたが、そんなに怒るとは思わなかった。

お母さんが母親としての意見をどう言ったって、あなたはいつだって自分の思うとおりにやってきたじゃない。こういう風に、双方が言いたいことを言い合うっていうのが、話し合いなんじゃないの」

「違うんじゃないかな。今回は出資者のお母さんが納得したものを選ぼうと思ってるよ。でもさ、この話し合いのゴールは、『私が着たいものを選ぶ』ってことでしょう?お母さんはそういう風に言ってくれたよね。でもさ、今、お母さんの心の中にすでに『A』っていう答えを用意しておいて、それがいかに良いかを並べ立ててるだけじゃない?お母さんの意見を取り入れつつ考えているのに。私がどういうドレスを着たいかを真剣に考えようとしてないように見えるけど。それに、ドレス選びに『母としての意見』って、必要なの?」

「お母さんは、ただ、女としての意見を言ったつもりで、意見を押し付ける気はないの。」


「・・・親子である以上、出資者である以上、『ただ、女としての意見』として相手に伝わることはありえないでしょ?」


「私は、母としていつもこんな風に意見を娘に押し付けてきたのね・・・・」

母は、過去まで巻き込んで反省してシュンとしてしまった。


「でもね・・・」上げた顔に、まだ「でも」といい足りなさがにじみ出ていて

私はただ、首を横に振った。


「もう、いいよ。わかったから・・・」




何でも、言いたい事をいいあえる親子関係を壊したくなかった。

明日、ゆっくり考えよう。そう思った。

| | Comments (5)

March 04, 2006

桜の開花予想~春はすぐそこ?!~

<桜開花予想>気象庁と民間気象会社 予想日1週間もずれる

yahooニュースより。

開花予想が発表されると、うきうきしてじっとしていられなくなる。

花粉が飛ぼうが何しようが、春が大好きである。

温かくなると、患者さんが減る。

うきうき感は、痛みをも和らげるのか。

3月4月は、年度末とか新年度の始まりとかで皆さんお忙しいのか。

どちらにしても、喜ばしいことである。

「またどうぞ。お待ちしております」と

いえないサービス業なのだ。

TB:papaさん「徒然バド日記」

| | Comments (2)

March 02, 2006

課題

オーラの泉が大好きで、毎週欠かさず見る。

   人はみんな、この世に課題を持って生まれてくる

   課題をクリアーすると、魂の段階が一段上がる

昨日、見終わってから、

私の現世の課題は何だろうと考え込んでしまった。

一番高い段階の魂って、どうなるの?

布団に入りながらこんなんじゃ眠れないよ、と考え込んだ。

いつの間にか朝になっていたけれど。

| | Comments (3)

March 01, 2006

雪を侮る無かれ

雨が降っていますが雪にならないといいですね。

雪が積もった次の日は骨折患者さんが倍増することは

整形外科医の間では「常識」となっています。

特に、東京は!!!

自転車で!出かけて滑っただことの、ヒールの靴!で出かけて滑っただことの

言語道断ですよ。危険です。

今年は雪下ろしをしていて亡くなった方も多かったですね。

今日、English Townの英会話レッスンで、先生が

「アメリカでは『雪下ろし』はしない。snow rakeっていう便利な道具があるんだもの!」と言っていました。

私が知らなかっただけかもしれませんが

アメリカにはこんなものがあって、一家に一台という状態だそうです。

f07078_dt 柄の部分は、もっと長くすることが出来るのだとか。

これで、厚く積もった屋根の雪も楽に下ろせるそうですよ。

詳しくはこちらこちらのページへ。

日本にも、売っているのでしょうか?

うちにはスコップさえないので

雪が降ると、前の建設会社にスコップを借りに行って

雪かきをします。

マンションの前とか、いつまでも

誰も雪かきせずに凍っていることがありますね・・・

ニュースでは報道されませんが、雪で大怪我をする人は相当数に上ると思われますので

みなさん、雪かきをしましょう。雪が積もったら、自転車に乗るのはやめましょう。

そして、スノーブーツを履いて、出かけましょう。

整形外科医からのお願いです・・・(って、もっと早く言うべきですね。春はすぐそこ。)

| | Comments (4)

« February 2006 | Main | April 2006 »