« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

女性がひとりで生きるということ

ひさびさに、女医的につぶやく。

外来に、膝の痛い患者さんが来た。

50台の女性。

お酒の匂いをぷんぷんさせて・・・・

一通り診察を終えて、膝の中の靭帯とか半月版とかが痛んでいる状態ではなく、ごく初期のいわゆる「年齢的な変化」であることことを説明した。

「私、痛いのが不安で、自分でも情けないくらい痛いことが怖いんです。今までこういう痛みを感じることは経験が無くて、仕事もがんばってきたし不自由なかったのに、もう歩けなくなるんじゃないかと思って・・・」

私:「あの・・・お酒、よく飲むんですか?飲むと痛みは増しますよ」

「痛くなってから、飲まずにいられないんです。一人でいると不安でどうしようもなくて・・・。友達は心配してくれて温泉にも連れて行ってくれたんですけれど、せっかく行ったのに『どうしたの、暗いね』とかって言われちゃって。暗くなっちゃうんですよ・・・・」

聞くと、一人暮らしで仕事場でも「怖いマネージャー」といわれ、バリバリやってきた方、とのこと。

私:「一人で何でもがんばっていらしたんですね。それが、小さなひざの痛みがきっかけで、色々不安になったんじゃないですか?」

しばらく、下を向いていたその女性の瞳から、涙がこぼれ落ちた。

私:「年齢を重ねれば、どこかしらに痛いところは出てきますよ。腰とか、肩とか。

 ずっと同じ部品を使い続けるのですもの、顔にしわが出来るのと同じで、うまく付き合っていくことが、大切だと思うんですよ。

 痛いところが出てきて、自分を思って、助けてくれる友達がいることが分ったのですね。」

患者さんは、泣きながら、

「そうなんです。一人で生きていけると思っていたから、痛くて不自由だなんて経験を初めてして不安になって。でも、周りにこんなに、自分を心配してくれている友達がいることが、初めて分りました。」

もう一度、今の痛みは膝の筋力体操で解放に向かうであろうということと、歩けなくなることは無いということを説明し、ご帰宅となった。

人間は、最終的には一人である。

しかし、女として、一人で生きていくことを覚悟するということは

「最終的には一人である」ということと同時に、

「人間は一人では生きられない」ということを、受け入れることだと思う。

しなやかに、自然体で幸せに生きていくために。

一人で生きていけると過信するのではなく、周りに感謝し続けたい。

肩肘を張り続けては、生きられない。

| | Comments (12)

February 23, 2006

いちごが届きました

ichigo 大きいですね。

「あまおう」です。

すっぱい味が苦手なので

すっぱい果物は苦手なのですが

さすがにあまおうは・・・うまい。

ぐだぐだに熟れた果物が好きです。

梅干は、生命の危機を感じますが

身構えれば、食べられます。

| | Comments (10)

February 20, 2006

母とキャッツ

dsc00253.jpg

母がどうしてもキャッツがみたいというから、チケットを取った。

わたしは10年位前にブロードウェイで見たからどっちでも良かったけれど

母と出かけるのは楽しいから、がんばっていい席を取った。

2階席の一番前。ネコたちがすぐそばまで来た。

英語で見たときは何がなんだか全然分らなくて

「ジェニコキャットとかいってるけど、なにそれ!?」

とか、話の流れが全くつかめなかったけれど

日本語で見て、やっと理解した。

「ジェニクルキャット」ね!世界中のネコがこう呼ばれたいと思っている高貴な名前らしい。

母は、しきりに「お母さんは、孫を連れてきたいわ!」と目をきらきらさせていた。

ちゃっかりと、少女の心を持ち続けている人なのである。

ほぼ親戚だけで行う結婚式と披露宴。

人数を制限しているだけに、あちらを立てるとこちらが立たず・・・・

ま、希望だけ伝えて母に丸投げしました。よろしく。よしなに。

| | Comments (5)

February 17, 2006

結婚準備 part 1

neko 結婚式の会場が決まりそうです

私は、ずっと

4年前に出席した、いとこのレストランウエディングが忘れられませんでした。

でも、同じ場所では

あの時以上の結婚式は出来ない気がして

他のところでの挙式を考えていました。

その時の雰囲気が忘れられない母も、しきりに勧めていたのですが・・・

昨日、相方と「とりあえず、見てみようか」と

そのレストランに食事に行きました。

・・・やっぱり、すばらしかったのです。

レストランの良さって、ホスピタリティですね。

支配人もいとこを良く知っていて、本当によく接してくださいました。

温かくて、安心してお任せできる感じです。

結婚式は人前式、親戚だけでレストランウエディング・・・・

  おいしい料理を楽しんでいただき

  せっかく足を運んでくださった方と、少しでも多くお話をしたい。

なので、料理重視でお色直しもしません。

今まで応援してくださった方たちへの感謝を伝える会にしたいです。

お互いの家に、「家族」として仲間入りさせていただく記念の式、

そういう式に出来たらいいな、と思います。

相方は、首からカメラをぶら下げて

自らみんなを撮影するそうです。

「口よりも、写真で語る」人ですから・・・・

| | Comments (17)

February 16, 2006

毎日届く、小さな笑いのネタ

EE433 インターネット上でのライブ英会話教室、English Townから毎日届くメール教材に、楽しい漫画がついてくる。

 これが結構、楽しみ。

| | Comments (85)

February 11, 2006

女医の結婚はやはり難しい

dsc00252.jpg

今日は、両親同士の初顔合わせ。

相方のお父様が口火を切った。

「元旦に、息子がうかがったときに結婚のお許しを得たということを聞き
 本日は、ご挨拶にうかがいました。」

緊張した雰囲気の中、お父様が黙ると沈黙が流れる。

「・・・今日はどこまでお話できるかわからないですけれども
 今後の結納のこととか、お話できたらと思いますが・・・」

父は、じっと聞いていた。L字のソファに腰掛けた二人の視線は、机の上で交わっている。

「私の気持ちを打ち明けさせていただきますと・・・」

父が口を開いた。

「結婚を承諾するまで、言わなくてもいいことだったかもしれませんが私は自分が心配していることについて、随分失礼なことも言ってきたと思います。やはり、父親として娘の結婚相手の経済状況なども心配でしたから。長男も、妻も『二人が幸せならいいじゃない』という考え方でしたので、四面楚歌でした。でも、最初に言うべきことは言っておきたかった。これから二人が直面するであろう問題について、考えて欲しかったからです。それは、娘が仕事を持っているということが、結婚するにあたってどんなに大変かということを含めてのことです。」

「娘は、ご覧の通り結構わがままです。人の言うことも聞きません。小さいころから、私が何を言っても自分が『こうだ』と決めたことは曲げませんでした。これからも、自分のやりたいことは、周囲がどんなに言ってもやり続けると思います。専業主婦になれる娘じゃないですし、嫁に行っても、嫁の役割をきちんと果たせるような娘では無いと思います。自分で商売をやっていこうと決めている夫のサポートができる状態でもありません。きっと、嫁に行っても数々の迷惑をかけることになると思います。私の勝手なお願いですが、少しでもそんな娘の生き方を理解してくださったら、と思っています。」

弟が、後に続いた

「父は、これまでいろいろなことを言ってきました。すでにご承知のことだとは思いますが。ただ、僕は姉が結婚するということで起こった様々なことを見てきて、自分なりに『結婚にふさわしい相手』というのを考えるようになりました。僕は、父の後を継いで自営業を営んでいきますので、サポートしてくれる相手が理想です。男の目で見て、お互いが違う仕事を持っていたら、とくに姉のような特殊な仕事を持っていたら、そして、小さいころから姉の激しい性格を目の当たりにしていて、家庭を維持していくのは本当に大変だろうな、と思いました。そういう状況に対して、父は心配だったんだろうと思います。」

父は、さらに

「私の苦言は、たぶん娘の結婚からの責任回避だったのかもしれません。『ほら、だから言っただろう』と、言うためだったのかもしれません・・・・・こんな娘の状況を、半分でも理解してくださったら、と思います」

・・・・のどの奥が熱くなってきた。熱さが上がってくる前に何度も深呼吸した。

・・・・なんだか、愛されてるなぁ、私・・・・

父の「言うべきこと」とは、このことだったのだと思った。
  
「娘を幸せにしてくれるのか!」ということでは無かった。
男として、結婚を承諾した父は、そんなに小さい男ではなかった。

相方のご両親は、

今の時代は女性が働くのも当たり前の時代であること、少子化が問題になっている今、仕事を持つ女性をバックアップしていくべきだと思っているということを、淡々とおっしゃって下さった。

お母様は、「嫁を連れてきたというより、私のよき話し相手を連れてきたと息子に感謝しています。仕事をがんばっている姿で、私の夢も一緒にかなえてくれる気がしているのです」とまでおっしゃって下さった。

私は改めて、家庭を持つということと相方のご両親の娘になる、ということを実感し、背すじを正した。

母が、手製の昼ごはんを運んできた

父は、相方のお父様と、お互いの趣味のことや仕事のことなど

なんだか楽しそうに、話をしていた。

こんなに素直に話す父を、久しぶりに見た

結婚式についても、「時期も、形式も、二人のいいように決めなさい」なんて、優しく言っていた。

拍子抜けして「じゃぁ・・・10月あたりに・・・」なんて答えた。

家に帰って、こうやって書いていて、
達成感はひとかけらも無い。
それは、未来のの二人の人生の
単なる通過点に過ぎなかったからだと思う。
結婚式も、通過点だろう。
私たち二人の幸せな結婚生活は
たくさんの人のハッピーパワーが無ければ
決して成り立たないということ
逆に、私たちの幸せが
大きなハッピーパワーを生むことを感じた。

| | Comments (32)

February 10, 2006

いよいよ明日

いま、父はどんな気持ちでいるのでしょうね。

明日、相方と相方の両親と4人で、私の実家に出向きます。

初の、両親同士の対面です。

父は最近情緒不安定のようで、おとといかけたHappy Birthdayの電話口にも、出ませんでした。

父は、曲がったことは嫌いですが、

以前、「礼儀は尽くすが、言いたいことは言わせてもらう」と言っていたのが気になります。

父と相方のお父様は、入り方がよければよい関係になれると思うのですが

父が素直に、いつものように、相対すことができるかが問題です。

どこまでの進展があるでしょうか。

結納とか、結婚式とか、具体的な話まで出来るのでしょうか。

その後の話し合いが出来ないほど、険悪なことになることだけは避けて欲しい・・・

年長者を敬う気持ちは、持ち合わせた父なので、大丈夫だと思うのですが・・・

みなさん、祈っていてくださいね・・・・

| | Comments (3)

February 08, 2006

WADAさんとこへGo!

笑えます。

和田さんのところに、行ってみましょ。見てみましょ。

| | Comments (10)

夢に学ぶ

今日見た夢はすごかった・・・・
相方との、ののしりあい・・・

相方: ×××で○※*¥@!!!だいたい、そんな言い方することないだろう!!

私: だってさ、ごうくん・・じゃない、かずくんが○※*¥@でしょう?

相方: かずくんをそんな名前で呼ぶこと自体がおかしいし、いつもそうやって○※*¥@!!

すごく悲しい気持ちで目が覚めてしまった私。
また、眠りにはついたけれど、出かけるまで不機嫌だった。

でも、車を運転しながらよく考えてみたら
私と相方は、こういうケンカを一度もしたことがない。

相手が、自分を傷つけるために苦言を呈しているわけではないし
馬鹿にして、そんな言い方をしているのではないと
信頼しているからだと思う。
議論しなければならない議題を、机の上に乗せて
それ自体について、意見を言うことができるからだと思う。

揚げ足を取ったり、言い方が気に入らないといったり
過去のことを持ち出して、傷つけあうという、
不毛な議論をしなくて済むのだ。

患者さんに、時々そんな議論に持ち込まれることがある。

そういう時、自分のプライドが邪魔をすると、
患者さんを傷つけてしまう。
火に油を注いでしまい、しこりを残す。

まず、自分が患者さんを傷つけるつもりはないこと、
軽視するつもりはないことを、示さなければいけないのだと思う。
何が原因で火がつくのか
とっさに、心の奥を見抜くことは本当に難しいけれど
相手の気持ちを揺さぶった、
自分の言葉や態度に気づかなければいけないのだと思う。

診察室に二人きり。
そんな状態で緊迫した状況になると
そうはいっても、体が硬くなりますけどね......

| | Comments (36)

February 04, 2006

ヒンギスすごい!!!

大学時代には、テニス部だった私。
孤独で、無言で相手をやり込めていくこの競技が
どうも性格に合わなくて、レギュラーにはなれなかったけれど
見るのも、それほど好きではないけれど

このゲームは格別だ。

TORAY PPO TENNIS トーナメントmainvisual

3年をかけて両足首手術からのブランクから復活を遂げた
天才プレーヤーヒンギスと

今をときめくパワープレーヤーのシャラポワとの決戦!

なんと、ヒンギスガ圧勝しましたよ・・・
シャラポワの速い球を完全にコントロールしてました・・・
きっと、ヒンギスにはスローモーションに見えていて
”そこに打ち込む”というポイントがテニスボールの大きさそのままに
計算できていたとしか思えない試合運びでした。

マラソン界のQちゃんの復活といい

ヒンギスの復活といい

まず一歩一歩、雑音を聞き流し自分を信じてみようと
力をもらった気がします。

成功した人はみんな、
「自分を信じてがんばれば夢はかなう」って言いますね

・・・・なげ出さなければ必ず成功する
 そういうことかな・・・

| | Comments (12)

February 01, 2006

会議

一昨日の日曜日

相方のご両親と

「初の両親同士の対面」に向けて

作戦会議。

ちょっと、不思議な状況ですよね・・・

さて、父親は、どんなカードを切ってくるか・・・

本当に読めない。きっと、拍子抜けするくらい

素直な手だったりして。

希望も込めて・・・・

| | Comments (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »