« 私の心の中の決着 | Main | The Tea Room »

January 08, 2006

「ためておくこと」

実家の台所で、母ととりとめもない話をしていた時
 (母と娘の会話なんて、大方そんなところである)

何の話の流れだったか

「私はね、その人が、お姑さんと一緒に暮らしていたかどうか、大体わかるのよ」

と、言い出した。

お姑さんと四六時中一緒にいる人は

「いってもいい事と悪いこと」の区別がついているのだという。

何においても、「正しい目」を右肩の後ろの方に感じながら

言葉を選んで話せる人が多いそうだ。

「私なんか、おばあちゃんが亡くなった今も
 大根一本買うのにさえ
 『おばあちゃんだったらどうしたかしら』って
 考えちゃうもの。」

というものなのだそうだ。

たとえ、お姑さんと一緒に住んでいなくても

自分以外の「言ってはいけないこと」の価値判断基準を持つことは

大人の女としては、必要だな、と

ちょっと、勉強になった。

当たり前なんだけど、

「言いたいこと」と「言ってもいいこと」は違うし

「言うべきこと」と自分が思っても「言ってもいいこと」ではない場合も多い。

自分の中に「ためておくこと」も

大人の女のたしなみ、かしら・・・

|

« 私の心の中の決着 | Main | The Tea Room »

Comments

HOORNさんがいろいろ闘って悩む中で,自分にとって一番大事なこと,大切にしたいことがはっきりしてきたというのが私にはとてもすてきなことに見えます.HOORNさんのお父さんもHOORNさんのことが嫌いで食い違っている訳じゃないので,HOORNさんが進み出しちゃえば認めてくれると思うのですが,そうなるといいですね.
「言いたいこと」「言うべきこと」「言ってもいいこと」をみんなが区別しながらコミュニケーションとれたらすごく世の中がすっきり優しいものになりますね.

Posted by: さっちゃん | January 08, 2006 at 03:25 PM

激情に流されて言葉を放つことがある私は、お母上の推察どおり、姑と同居していません^^

ところで、「ためておいたもの」って、どうやって処理したらいいんでしょうね・・・?
皆さん、心の中に引っかかったまま置いてるのかな?
これが上手に処理できるようになれば、私ももう少し分別ある発言ができるオトナになれるような気がします^^;

Posted by: kotokoto_01 | January 08, 2006 at 11:33 PM

「言ってはいけない事」と「言ってもいい事」は分かっているのですが、ちょっとした拍子に『ポロッ』と出てしまって瞬間『しまったぁ~』と後悔する事が…。
「言うべき事」は更に(私にとって)難関で、言った方が良いのは分かっていても、その後のごたごたを考えてしまうと、つい言えなくなってしまいます。
まだまだ『大人の女』にはほど遠いようです(^-^;

Posted by: Luna | January 08, 2006 at 11:42 PM

こんにちははじめまして。時々のぞかせていただいておりましたが、コメントは初めてです.ありがとうございます.言ってはいけないことを、なんとか、飲み込むきっかけになりそうです…

Posted by: lemonhart-pen | January 09, 2006 at 01:31 PM

>さっちゃんさんへ
「すごく世の中がすっきり優しいものに」
そうですね!!最後まで見失ってはいけないのは、相手に対する礼儀なのかな、と思いました。
温かいコメントをありがとうっ!!

>kotokotoさんへ
コメント、ありがとうございます!うれしいです
「ためておいたもの」は、穴を掘って「王様の耳は・・・」って・・・なんて・・。
皆さんはホント、どうするんでしょうね。
私は、忘れっぽいほうなので飲み込んでしまえば
何を飲み込んだかすら忘れてしまう
都合のいい性格です。

Posted by: HOORN | January 09, 2006 at 08:02 PM

>Lunaさんへ
『ポロッ』と出てしまう瞬間って、大体頭に血が上って気持ちよくしゃべってしまっているような気がします・・・後悔しますよね・・・(泣)
私は、「言うべきこと」だと信じて「言ってはいけないこと」を口走ることが・・・「言うべきこと」は冷静になってから伝えてもいいですものね・・・

>lemonhart-penさんへ
はじめましてです!ありがとうございます。
きっかけだなんて・・・
そう言って下さって、とてもうれしいです。
無事、消化してくださいね・・・・

Posted by: HOORN | January 09, 2006 at 08:55 PM

姑さんとの関係、なんて聞くと、
どうしてもドラマのような対立構造を思い浮かべるけど、
根本的には、目上の人を敬い、大事にすべき、
ということを示すために、
控えめな態度を取らせるのが、その目的なのかもしれませんね。

やっぱり年上の人を大事にする人は
人間性が素晴らしい人、と思われるし、
自分が歳をとっても、大事に扱われたいしね(笑)

でも、溜め込んでおいても、
すぐ忘れられる、というのはうらやましいです(笑)

Posted by: ダン | January 09, 2006 at 08:55 PM

>ダンさんへ
自分が年上の人を大事にすると
自分も大事にされるような人になれそうですよね。
リスが、どんぐりを隠したことを忘れちゃって
次の年には芽が出てきてしまうみたいに(ちょっと違うか・・・)本当に忘れちゃうんですよね。

Posted by: HOORN | January 09, 2006 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私の心の中の決着 | Main | The Tea Room »