« 力作 | Main | 会議 »

January 30, 2006

おわったぁぁぁ!!

嵐のような一ヶ月が、やっと落ち着きました。

昨日のフォーラムでの発表では

アニメーションをふんだんに使った発表に

会場の温度を温めて(?)無事終えることができました。VitD

今回、あらためて

「私、プレゼンテーションするの好きかも・・・・」と認識しました。

しゃべってるうちに、快感になって

アドレナリンがどどどーーーっと出てきます・・・

ただ、質問に「的を得た答えをすること」は難しいな、と思いました。

本気で、今度は自分の質疑応答を録音して研究しようと思います。

壇上に上がった人がフロアーの質問に答えているのを見て

「そういう事を聞いているんじゃないと思いますよ・・・」と思うことはしばしば。

さて、自分はどうかというと、

アドレナリンが出ている状態で冷静に質問を分析しきれていないのではないかと、反省したのです。

めざせ、櫻井よしこ。

|

« 力作 | Main | 会議 »

Comments

お疲れ様でした~。
プレゼンってほんと人それぞれ個性が出るから見てる方も面白いですよね。
Hoornさんのプレゼンは黒背景なんだなぁとか。
僕はどっちかっていうと、淡い系の色が好きなんで、白背景のコトが多いですし。

質疑応答に関してはほんと難しいと思います。
上辺の基礎的な確認質問だったら良いんですけど、ちょっと突っ込んだ物になると、応答する側のこちらにもその突っ込んだ物に対する知識、見解が必要ですからねぇ~。
ほんと、いろんな考え方の人が居るから、「え、そんなアプローチがあるの?」ってこともしばしば。
素直に、「分かりません。今度勉強します。」って言えれば良いんだけど、壇上に上がっちゃうとなかなかそれが言えなくなっちゃったり。

こればっかりはやっぱり時間と経験がものをいう場所なのかなぁと思います。

Posted by: Yokoken | January 30, 2006 at 12:06 PM

お疲れさまです!

プレゼン好きとはうらやましいです.
私は緊張しまくりです.
たいてい予定時間より早く終わってしまいます.

質問に対する的はずれな答え,よく見ますよね.
頭に血が上っちゃってたら聞かれたことがどうとかいうより,質問の中の何かの言葉で自分の中の知ってるネタの自動再生ボタンが押されちゃうんじゃないかなぁ?

Posted by: さっちゃん | January 30, 2006 at 08:28 PM

お疲れ様でしたー。
内容を見ると骨代謝がご専門ですか?うちの整形の教授も骨代謝が専門だったような…。
24,25(OH)2Vit.Dも腸管に作用しているんですね(~~)。
分かりやすいですし、スライドもきれいですね(^^)。なかなかプレゼンは難しいですよねー。頑張ってくださーい。

Posted by: taroy | January 31, 2006 at 12:36 AM

質問に対しての適切な回答ってむつかしいですよね.自分が発表者だと、いつもよりは気持ちが多少なりともたかぶっちゃいますしね.フロアからの質問も、適切なものばかりとも限らないですしねー.変な質問もケッコウありますよねん.変な質問もううまく切り返せるように、なりたいものですねえ☆

Posted by: lemonhart-pen | January 31, 2006 at 02:37 AM

>Yokokenさんへ
「素直に、「分かりません。今度勉強します。」って言えれば良いんだけど、壇上に上がっちゃうとなかなかそれが言えなくなっちゃったり。」しますよね~!!見栄張っちゃって・・・。何とか答えようとして苦し紛れな返答になっちゃうの・・・


>さっちゃんさんへ
「質問の中の何かの言葉で自分の中の知ってるネタの自動再生ボタンが押されちゃう」!!(笑)
その通り!!
自動再生ボタン!!その通り!!

>taroyさんへ
おっ!?教授が骨代謝専門だとすると・・・あそこかな・・・なんて。スライドが小さくて24,25(OH)2Vit.Dも腸管に作用しているようになってしまってますが・・・たぶん1.25(OH)Dだけだと思います・・・ごめんなさい。

>lemonhart-penさま
変な質問を受けると、一瞬????ってなりますよね。「それは、こういったことでよろしかったでしょうか?」って質問者の意図するところをにこやかに確認していた女医さんを見たことがあります。「これだ!」って思いました。

Posted by: HOORN | February 01, 2006 at 12:29 AM

僕もこのスライド見て、24,25(OH)2Dも腸に作用してるのかと思ってました~。
or って書かれてあったので…。
結構研究室とかの指導方針なんかにもよると思うのですが、プレゼンは内容さえ出来てれば良いっていうところと、プレゼンの上手下手まで指導してくれるところとがあると思うんですよねぇ~。

もし、僕がこのプレゼンを見てアドバイスするとしたら…。
このプレゼンで24,25(OH)2Dが必要不可欠なものなのかどうか分からないのですが、もし話の筋にあんまり影響のないものであれば潔くカットしちゃってはどう?って言うかも知れません。
どうしても、プレゼンって張り切っちゃうといろんなこと詰め込んじゃいたくなるんだけど、必要ないものはバッサリ切り落とすのもまたプレゼンの上手な人だと思います。
もし、逆に24,25(OH)2Dってのが話の流れ上どうしてもここで提示しておくべきものならば、仕方ないですけどね。
ただややこしいので、1,25(OH)2Dってのを色付けるとか、丸で囲むとか、インパクトがあるようにすると良いかもしれませんね。
前後のつながりとかもあるんですけど、この次のスライドでも、登場するようなキーワードとかは色付けたりして聴講者に印象づけておくというのも一つのプレゼンテクニックらしいです。

僕がプレゼンで言われるのは、パッと見て全体像がきちんと理解してもらえるようなそんなプレゼンをといつも指導を受けています。
あくまで聞いて貰う訳ですからねぇ~。
何処かの自然科学系の学会で、予稿集か何かに数式一本だけで投稿して、「これがすべてた。これで分からないやつには理解して貰う必要はない。」なんて凄い傲慢なプレゼンターが存在したことがあるらしいですけど、ちょっとそういうのは、やっぱりねぇ。
まぁ、ある意味そこまで言ったら別の意味で凄いですけど…。

いつかHoornさんのプレゼンを拝聴出来ると良いんですけど。

Posted by: Yokoken | February 01, 2006 at 10:27 PM

Yokokenさん、サンキューです。詰め込みすぎる傾向にありますね・・・確かです。この場合、24,25(OH)2Dはカットしちゃったほうがいいですね。一枚のスライドが目に入る時間は案外短いものだし文字を追いながらしゃべる内容を聞くのって、よほど内容をわかっている人じゃないと、ついていけない場合が多いよなぁって、改めて思いました。
 数式一本かぁ・・・私の分野だと、細胞とか組織の写真一枚だけどーんと出して「これが全てだ」というわけですね・・・確かに、ある意味そこまでの結果、そこまでの表現の仕方は凄い・・・(笑)

Posted by: HOORN | February 08, 2006 at 12:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 力作 | Main | 会議 »