« 仕事納め | Main | 波乱の年!? »

December 30, 2005

愛情チャーハン

今日、実家に帰ってきた。

相変わらず無口な父は、「あぁ」という風に眉を上げただけである。

母が、二週間も前から風邪が治らないという。

鼻声で、咳をしながら
 「仕方ないのよ。
  私が休んじゃうとお店(自営薬局店)が回らないし
  年末で休める状況じゃなくて・・・」

なんて、力なく笑っている。

「もう、今日は私が全部するから。早く寝て!」と

強引に寝かせた。

「じゃあ、一つだけお願い。
 お父さんには野菜たっぷりのチャーハンでも作ってあげてね。
 私は、油っぽいからチャーハンはいらないわ。」

と、母に頼まれたので、腕を振るってみた。

私が帰ってきてから、「あぁ」としか言わない父の部屋に運んだ。

「・・・いらん。」

「せっかく作ったんだから、あったかいうちに食べてよね!!」

「・・・・」

どういうことかしら!!!と頭に来たが、しょうがない。

台所を片付けていると、

「お母さんに茶を入れろ!」と、父がおもむろにやってきて、

机の上のあんころ餅をほおばり始めた。

「お父さん、チャーハン食べたの?食べたらお皿を持ってきてよ」

「いいから、茶を入れろ」

「食べないんなら、捨てるよ。」

「・・・お母さんに食わなせなきゃ困るだろ。持っていってやれ。あいつが食わないっていったら、食う。」

「だって、お母さんはいらないって言ったもん。違うもの、作るよ。

「いいから、茶をもってってやれ」

なんだよぉ、と思いつつお茶をいれ、父の部屋にあるチャーハンをとりあえず下げに行ったら、チャーハンが消えていた。

不思議に思いつつ、母の部屋に行くと少しげんきになった母が、

「このチャーハン、おいしかったわよ。油っぽくなくて。ありがとうね。今ね、足が冷たくて寝られなかったら、お父さんがカイロをたくさん入れてくれたの。」

「・・・お父さん、持ってきたんだ。で、自分はお餅食べてるけど。」

「え、どういうこと?お父さんは食べてないの?」

「『お母さんに食わなせなきゃ困る』ってさ。」

「もう一回、これを作ってあげてよ。きっとお餅だけじゃおなかが空くわ。」

台所に戻ると、父が、小さな加湿器付の電気ストーブに、せっせと水を注いでいた。

相変わらず、私には何も言わない。

しょうがないから、私も何も言わずにチャーハンをもう一度作った。

「後で食べてね。」ラップをかけて机の上に置いた。

本当に不器用な人だ。

ただ、信じるしかない。理解するしかない。

悪意の無いこと、行動は愛情があること、

不器用な自分に、自分が一番苦しんでいること。

言葉がたりないだけ。

|

« 仕事納め | Main | 波乱の年!? »

Comments

読んでいたら、我が家の父が『ポンッ』と頭に登場しました。
でも、私、人間が出来てないもので、つい、カッとしてしまうんです。
理解したいとは思うんですが、とっさにそれが出来なくて・・・。
まだまだ修行がたりません。

Posted by: Luna | December 31, 2005 at 01:37 AM

いつもながらHoornさんとお父さんのやりとりには親子の絆みたいなのを感じます。
大事にしてあげてください。
って僕も自分の親を大事にしていかないとダメなんだけど…。

さて、今年1年どうもありがとうございました。
迷ったり、凹んだり、いろんな事があったけど、Hoornさんのコメントにはいつも力づけられました。
Blog始めて、一番最初のコメントくださったのがそう言えばHoornさんでした。
これからも“ずっと”よろしくお願いしますね(^▽^笑)

それでは、Hoornさんにとって来年が幸多き1年となりますように。
良いお年をお迎えください。
May the FORCE be with you.

Posted by: Yokoken | December 31, 2005 at 01:27 PM

HOORNさんちゃんとお父さんと正面から向き合おうとしている感じがして、すごなぁと思いながらいつも読ませていただいていました。
私は父親が苦手で、なんとなく避けちゃっているので...
HOORNさん今年一年ありがとうございました。
来年も楽しみにしています!

Posted by: さっちゃん | December 31, 2005 at 07:40 PM

いいじゃないですか。
みんな同じ様になんでも伝えることができたらつまんないですよ。

来年は、飛躍の年ですね!楽しみにしてます〜♪
どうぞよろしくお願いします。,(__),

Posted by: yukidarumako | December 31, 2005 at 07:42 PM

>Lunaさんへ
父親と娘って、そういうものなんでしょうね。
この一年、ずいぶん修行しました。
一息つくこと、「自分は絶対カッとなる」ということを認識すること、それだけで良かったみたいです・・・

>Yokokenさん
私も、Yokokenさんのコメントに
何度力づけられたことか!!
YokokenさんのBlogの開設当時、初めてTBしてくださいましたね。その後どんどん成長(Blogが)して、すごいなぁと思っていました。コメントも増え、なんだか、自分のことのようにうれしかったです。
 Yokokenさんの2006年にも幸多きことをお祈りいたします!!

Posted by: HOORN | December 31, 2005 at 09:24 PM

>さっちゃんさんへ
去年までは、向き合っていなかったんですよ・・・なんでも「事後承諾」だったことが、今、大問題になっています。お父様とは、話の出来る関係を、早く作っておいた方がいいですよ。ほんとに。ほんとうに。

>yukidarumakoさんへ
飛躍・・・できるかなぁ。がんばります。雲行きも・・・何とかなるはず!

本当に、本当に、みなさんありがとうございました!!!!!!!!
来年も、どうぞよろしくお願いいたします!!!

Posted by: HOORN | December 31, 2005 at 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仕事納め | Main | 波乱の年!? »