« 泣きのスイッチ | Main | Endurance »

July 03, 2005

半東さん

今日は「夕ざれの茶事」のお手伝い

先生は、定期的にお茶事(懐石を含む本来の『お茶会』)を開きお客として、招いてくださる。

いつもは、先生ご夫婦と若先生(息子)夫婦で切り盛りしている裏方を

勉強のためにお手伝いさせていただいた。

…自己採点30点。…落第…

足手まといにならないように必死だった。分からないことだらけ。

お茶を理解するには、まだまだ、まだまだ、まぁだまだ

学ぶことがたくっさん。

医者になるより、茶人になる方が難しい。これ、絶対。

|

« 泣きのスイッチ | Main | Endurance »

Comments

茶事で厨房にも立ったんですか?
学生時代はおいらも茶懐石よくつくりましたよ。
40人前が普通でしたから、もう厨房は
大騒ぎ。女の子が多かったせいで、おいらは
ひたすら向付のお造りばかりやらされて
八寸なんかもつくってみたかったです。

イカソーメンは安上がりなのはいいけど
つくるのたいへんなんだぞー!

Posted by: 和田草子 | July 04, 2005 at 09:30 AM

すごい!和田さんって本格的な茶人なんですね!
沖縄で、和田さん好みのお茶事をやるとしたら、どんな感じになるのでしょう…
興味津々です!

Posted by: HOORN | July 06, 2005 at 03:37 PM

 沖縄きてからはまったくお茶はしてないですよ。ただ、焼き物は好きなので陶芸展があったりすると見に行きますが・・・

 沖縄の茶事ですか・・・
今は暑いからなぁ・・・
本島北部にヤンバルという熱帯林があるのですが、おにぎりとたくわん、キャンプ用コンロと
鍋、お茶碗、茶杓、茶筌、お棗だけもていって
湧き水を汲んだら、滝壷の涼しいところで
おにぎりほおばって、それからお茶かな?
お薄限定で(笑 お菓子は・・・ちんすこうかな?ああ、書いていると実際にやってみたくなるな・・・

Posted by: 和田草子 | July 06, 2005 at 07:26 PM

そうくるとは思いませんでした!
感動!!最高のアイディアですね!
掛け軸は天然の滝!
実現することがあったらぜひ、呼んでくださいね!

Posted by: HOORN | July 07, 2005 at 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/4817596

Listed below are links to weblogs that reference 半東さん:

« 泣きのスイッチ | Main | Endurance »