« 嵐または霧のち晴れ | Main | 二次会幹事 »

June 02, 2005

どうしても、言いたかった

今日、とても残念なことがあった。
「リハビリしているのに、肘が動くようにならない」と訴えていらっしゃった患者さんがいて、
受傷当時からずっと、接骨院で見てもらっていた
(それも、近所の提携している内科で撮ったレントゲンで診断しながら)とのこと。
整形外科医以外がするレントゲン診断は、違法行為では!?
今となっては、肘ごと人工関節にするしか手はなくなってしまっている。
受傷したときに、整形外科医がレントゲンを見て骨折の形の正しい診断をしていれば
手はあったものを…
前にも書いたとおり、私は接骨院や整体や柔整の先生のほうが優れている部分もあると思っている。
ぜひ協力していきたい。
でも、これだけは、言わせてください。
「怪我をしたときには、まず整形外科に来て下さい。
 
怪我の診断のノウハウは、我々が一番持っています。」
 

エキブロ・メディカルにも投稿させていただきました。

|

« 嵐または霧のち晴れ | Main | 二次会幹事 »

Comments

こんにちわ。エキブロではTBで論点をずらしてしまったようで、なんかすみませんでした…
私は鍼灸・整骨はヘビーユーザーですが、
自分に知識があるのでだめなところは1度行ってもうだめだし、気に入ったところでも、おかしなことがあるともう行かなくなってしまいます。
しかし一般のユーザーのかたはそうも行かず特に悪質なタイプの治療者は脅しをかけますよね、それの実例をTB(プライベートのブログです)させていただきます。
私も「治療者は自分の限度を知ってよ」と言うことを言いたかったのですが、あまりにもひねりすぎたようです。すみませんでした…

Posted by: にしまる | June 04, 2005 at 01:40 PM

そういや、元カノが言ってたのをちょっと思い出しました。
母親の腰痛の相談をしたら、

外科に行っても役にたたんで。
それよりよっぽど整体に行く方を勧める。
ただ、病院の都合上、表だっては勧められないんだけど…。

っていうようなことを言ってたような。
でも、怪我の場合は病院の方が…。
覚えておきます。

Posted by: Yokoken | June 04, 2005 at 09:03 PM

にしまるさん、ありがとうございました。治療者が、ぞれぞれの限界を知るところから、協力とか発展とかうまれるんでしょうね。
Yokokenさん、私自身も肩こりとかのセルフメンテナンスの一環として、鍼灸師さんや整体師さんにお世話になることもしばしばありますよ。

Posted by: HOORN | June 04, 2005 at 11:18 PM

 柔道整復師業界は養成所の乱立でひどいことになってます。10年前の3倍以上の定員があるのです。真っ正直にやっていたら、食えないんです。保険請求も激増していまして、保険適用そのものがなくなる可能性もあります。
 既得権益を擁護してきたため、医療資格はわけがわからない構造になっています。
 薬種商という資格が世襲になっていることはご存知でしょうか?特定郵便局以上にわけのわからない世界です。

Posted by: Inoue | June 15, 2005 at 02:58 PM

コメントありがとうございました。
Inoueさんのページも拝見いたしました。
「医学教育は今日を考え、薬学教育は明日を考える」という言葉で、はっと気づきました。

医学教育は、現在の病気の知識を詰め込むことにほとんどの時間と労力、そして医学生の興味も注ぎ込まれていると思います。

我々の仕事は、「目の前の患者さんに起こっていることを理解し、対処をする」ということなんだ、と思いました。

Posted by: HOORN | June 15, 2005 at 05:45 PM

I blog often and I really thank you for your content. Your article has truly peaked my interest. I will bookmark your site and keep checking for new details about once per week. I opted in for your RSS feed as well.

Posted by: Best Dating sites | November 25, 2014 at 11:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/4375689

Listed below are links to weblogs that reference どうしても、言いたかった:

» あともう少し、そう思った瞬間に明かりは消えた。彼女は今眠りについたようだ。 [低収入アルバイトニュース]
背中が痛いー。首が痛いー。まっすぐ立っていられないー。 って、ご老人かい、あと35年で私もれっきとした高齢者になるというのに、 35年経ったら、寝たきりになってしまうんじゃないかーーー。   取り合えず、つらいので行ってみました、「鍼灸・整骨院」 寂れた雰囲気で、受付で「こーんにーちーわーーー」と呼んでも、 誰も出てくれないので、仕方なく受け付け電話番号に電話。 「あー、今�... [Read More]

Tracked on June 04, 2005 at 01:45 PM

» 病院へ行こう! [セラピスト・ラプソディー♪]
世の中に『医者嫌いの人』は山ほどいます。 でも、病院へ行くべき時には行かなければなりません。(自分の身体のためにネ・・・) ウチのホームページにDOC相談室 と言う、Web健康相談コーナーを開設していますが、毎日数名の方からメールでの相談が寄せられます。 「ご自分の症状がオステオパシーで改善で来るか?」と言ったものが多いのです。状態をみていないので一般論でお答えするしかないのですが、病院に行かれて... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 04:35 PM

« 嵐または霧のち晴れ | Main | 二次会幹事 »