« 二次会幹事 | Main | 二つの夢 »

June 05, 2005

研修医は労働者

昨日、相方と近所のラーメン屋さんで味噌ラーメンをすすっていたら

ラジオから「研修医は労働者であると、最高裁が認めました」というニュースが流れてきて

おもわず、むせてしまいました。

あの裁判、判決が出たんですね。

以前医局で、この裁判に関する記事が話題になり

「みんな、こんな労働条件だよなぁ。うちなんて、月給5万円だもん、ひどいよな」って話してました。

さらに、いま、私は大学院生で学費を自分で払って、研究の時間を買っているのにも関わらず

大学は人員不足で、外来も、雑用もただ働きでさせられてます。

研修医が労働者なのは当たり前です!!じゃあ、今まではなんだったのでしょう。

そして、医者になってから大学院に入学するヒトのほとんども、大学病院での雑用を継続することを強いられています。無給で。

大学院生は、大学に勤務していないので「労働者」ではないのでしょう。きっと。

では、そんな私たちが医療事故をおこしたら、だれが守ってくれるのでしょうか…

背筋が寒くなりました。

|

« 二次会幹事 | Main | 二つの夢 »

Comments

 第3診察室のふくやまです。
トラックバック、ありがとうございます。
研修医の労働条件は劣悪ですが、大学院生の状況はそれ以上(以下?)のものがあると思います。
 認定医、専門医制度により重きが置かれるようになってきている現状では、学位の重要性が低くなってきて、医局に在籍するメリットがなくなってくるように思います。

Posted by: ふくやま | June 05, 2005 at 07:52 AM

 Ph.Dを取るだけが目的でしたら、医学系の大学院よりも、理学系の生物学関係の講座の方が、早いのではないでしょうか。学費は同じですし。
 臨床研究をするならともかく、大半の人は、組織標本やマウスや培養細胞を相手にして、研究をするんですから、臨床講座に所属する意味はないと思います。

Posted by: Inoue | June 05, 2005 at 08:39 AM

大学院生の雑用が多くて、無給なのは、
何処でも一緒ですねぇ~。
まぁ、医療系とはまた質も量も違うんでしょうが…。
僕も、「Yokokenはドクターやから。」という訳のわからん理由で、
雑用押しつけられてます。
「なんでドクターやったら雑用回ってくるんですか?」
と問うたら、「将来の為。」だそうです。
それを断って嫌われちゃうと、
生きていけないのがこの世界だし…。
教授会とかの現状の話しを聞くと、
行政法人化されたとはいえ、やっぱり、
政治的であることを痛感します。

というか、Hoornさんも院生だったんですねぇ。
まぁ、だいぶ立場は違うと思いますが、
Ph.D取れるように頑張っていきましょう。

Posted by: Yokoken | June 05, 2005 at 09:32 AM

>Yokokenはドクターやから

 書類上は同じ大学院生なのに、non Medicalは実験だけしていればいいのに、Medicalは診療業務の手伝いもするわけです。
 実験労働力不足を補うため、臨床講座がnon medicalの大学院生を大量に採用するようになっているのに、medicalとnon medicalの待遇の差は解消されてません。
 学部生の実習のお手伝いをするだけでも、チューターとして数千円のお金が支給されるのに、診療報酬が支払われる診療業務の手伝いに対価がでないなんておかしいですよ。しかも、こちらは間違えれば業務上過失罪と損害賠償です。

Posted by: Inoue | June 05, 2005 at 12:25 PM

TBありがとうございます。僕は5年目の無給助手ですが、院生は確かに悲惨ですよね。学費まで払って雑用とは・・・
今後は2年間の新システムを終了した研修医達が、3年目以降どのような待遇になるのか注目ですよね。

Posted by: tonhashi | June 05, 2005 at 06:25 PM

みなさま、コメントありがとうございました。
>ふくやまさん
「学位の重要性が低くなって」来てますよね。大学組織に残りたいと考えると、今、「学位」は必要ですが、いったい基礎研究やってとった「学位」が必要とされる意味ってなんでしょうね…。
>inoueさん
実際、私の同期も外の理学系の講座にでている人がほとんどです。というのも、うちの臨床講座内には継続したテーマもないし、実験をしているのも私一人です。協力者は他の科の先生です。大学の講座なんだからたとえ私立でもテーマぐらい持つべき!と孤軍奮闘の毎日。よって、病院のデューティーは大学内にいる私だけが負っています。業務上過失罪と損害賠償…誰が守ってくれるのでしょう…

Posted by: HOORN | June 06, 2005 at 02:11 AM

>Yokokenさん
「断って嫌われちゃうと、生きていけないのがこの世界」って、どの業界も一緒ですね(涙)がんばってPh.Dとりましょうね(涙)
>tonhashiさん
そう、「無給助手」とか「専攻生」とかなんなんでしょうね!(だんだんheat upしてきてしまいました)それこそ、違法だと思うのですが!ある病院では研修医の給料を払うため、4-6年目ぐらいの医者が減給というありえない事態だそうです。
でも、きっと声を大にして叫んでも世間からは「とかいって、リッチなんでしょ」って言われてしまうんでしょうね。神話なのに…

Posted by: HOORN | June 06, 2005 at 02:25 AM

こんにちわ、kuuです。
大学院生で病棟患者もって当直やって真夜中に実験するあの暮らしは、まあ勉強のためと思ってなんとかやってたけど、明らかに異常だよねー。
医者になったら大金持ち!とか、今日びの学生さんたちは思っているのかしらん。これだけ情報がオープンになんているのにね。あー。

Posted by: kuu | June 06, 2005 at 06:55 AM

医者=金持ち って思ってる人はまだまだ多いだろうなぁ~。
とういうか僕も思ってました。すいません。
でも、正直な話、金銭感覚は違うと思う。

まぁ、何処に規準を持ってくるのかだと思いますが…。
大手都市銀行の銀行員とか、証券会社の社員とか、
そんな人たちを規準に考えちゃうと、
「もらってないよ。」って話になるだけで、
多分、一般通常サラリーマンに比べたら、リッチになると思いますよ。
給与曲線とかの資料見たら、
やっぱり医師って上の方にあるし。
もちろんその分の仕事量、責任を負っているわけですから、
当然のことといえば当然なのかもしれませんが…。

現実に例えば私学の医学部に行けるのは、やっぱり医者や歯医者の子供だったりが多いわけで、
通常のサラリーマン家庭ではなかなかいけないのが現状だし。

下を見てもキリがないけど、
上を見てもキリがないということで。

Posted by: Yokoken | June 06, 2005 at 10:40 AM

Hurrah! In the end I got a blog from where I be capable of genuinely get useful facts regarding my study and knowledge.

Posted by: loja virtual magento | May 09, 2015 at 07:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/4413493

Listed below are links to weblogs that reference 研修医は労働者:

» 研修医の労働者認定によせて [めでぃかるはあと~くうぶろぐ~]
「研修医は労働者である以上最低賃金は保証されるべき。」 その通り。月給4、5万円っていうのはふざけてるよ。司法の判断は、正しい。 しかし、だ。 労働者である以上、その給料に見合う行動は求められるという事実を。突きつけられたということを、もっと認識すべきじゃないかな。今はスーパーローテだから、最初の2年間はジプシーのように各診療科をさまようわけで、そこで月26万円分の仕事をこなしていますか?それだけの利益を病院にもたらしていますか? 労働者なんだから労働環境を改善して下さい。給料も... [Read More]

Tracked on June 05, 2005 at 02:18 PM

« 二次会幹事 | Main | 二つの夢 »