« 二つの夢 | Main | オメデトウ! »

June 07, 2005

言論の自由 私が私であること 

モンゴル語を習い始めた。

「モンゴル人」の留学生に。彼女の出身は中国の「内モンゴル自治区」

そういえば、彼女は最初から「モンゴル人」と名乗った。国籍はもちろん中国。

私たちは「モンゴル」を愛するもの同志として、
何か「モンゴル」のためになることをしたいと思っているもの同志として

我々の夢について、大いに語った。鳥肌が立ちっぱなしだった。
すばらしい、出会いだった。

しかし、彼女は言う

故郷にいるときは、モンゴル人であることを口に出すことは出来ない
民族としての誇りを、口に出すことはできない
大人は「モンゴル語をしっかり勉強しましょうね」としか、子供に伝えられない

「見張られている」と。

外モンゴルと内モンゴルと、その間にある国境とは、なんだろう。

モンゴル人であって、モンゴル国民でない彼女。

ニュースの中の話題でしかなかった「民族問題」が、突如自分の問題になった。

日本人の血を受け継ぎ、日本に生まれ、
日本人であることに誇りを持て、日本人である自分を主張できる

これが、どれだけ幸せなのかということを知った。

同時に、彼女の抱える問題に愕然とした。

彼女は、中国批判をするときにはささやくような声になった。

大丈夫、今は思い切り胸を張って!と、抱きしめたかった。

中国遺跡巡り
頓痴気ライフ♪

|

« 二つの夢 | Main | オメデトウ! »

Comments

TBありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
実体験のある方の意見は大変興味深いものがあります。
サイトは違いますが、今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 和泉守兼定 | June 07, 2005 at 01:33 AM

こちらこそ、よろしくおねがいいたします。
今回、実体験をして、はじめて理解できたことがたくさんありました。本当は、実体験をしなくても、想像力を働かせて理解しなければいけない問題だと思うのですが、「個人」の問題として捉えないとなかなか、心に入ってこないものですね。

Posted by: HOORN | June 08, 2005 at 01:20 AM

こんばんは。
僕は、教え子から、韓国語を少し教わっています。彼女は、ハーフ・コリアン。
娘も僕も、自分の名前を、ハングル文字で書けるようになり、大喜び。
我が家はちょっとした韓流ブーム。

モンゴルもいつか行ってみたいなあ。

No Border!


Love and Peace ^^v

Posted by: ジロー | June 08, 2005 at 10:09 PM

言葉を学ぶことから、「異文化交流」がはじまるんですね!

No Border!

Posted by: HOORN | June 10, 2005 at 12:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/4447017

Listed below are links to weblogs that reference 言論の自由 私が私であること :

« 二つの夢 | Main | オメデトウ! »