« 宝物 | Main | 細胞大好き »

March 31, 2005

ニンゲン

無性にシマリスを飼ってみたくなった。肩や腕を駆け回るなんてとても素敵だ。
ネットで調べた。
「歯も、爪も、筋肉も、シッポも、本能も、心も、
すべてが森で生活するためだけに、
完璧にできあがっている野生動物なのです。」

というページに突き当たった。
狭いゲージをぐるぐるぐるぐる回り続けるリスを想像した。
人間とはなんて残酷な生き物なんだろう。

どんな原理で、人間だけが他の生物を支配するまで特殊化したのか。

ギャンブルのために作り、走らせ、用がなくなったら殺してしまう、食用化する・・・
「日本では、引退馬の繁殖・乗馬・コンパニオン等への転用がスムーズに行われる例は比較的少数で、乗馬として転出してもすぐに肥育場に回される馬もおり、多くの馬が食肉消費されているのが現実です。」
このページを見ながら、思わず泣いてしまったけれど
食用として飼われる動物なら、食べてもかわいそうじゃないのか
毛皮を着るのは、実験で動物を殺すのは、正当なのか

わからないわからないわからない

どうして、人間だけが絶対的な力を持つようになってしまったのか。
進化論にのみ従って、こうなってしまったのだろうか。

|

« 宝物 | Main | 細胞大好き »

Comments

どう猛なライオンやトラでも「生きていくうえでの糧」以外の目的で他の動物を殺すことはありません
ましてや「愛玩」という目的で他の動物の自由を奪うことはありません


生命の価値は平等だと思うのですが・・・

Posted by: ひろ | March 31, 2005 at 08:16 AM

猿の惑星2で、人間を愛玩用にしている猿がすごく不自然に感じられました。人間は自分達を客観視する力を失ったように思います。

Posted by: HOORN | April 01, 2005 at 12:41 AM

>ましてや「愛玩」という目的で他の動物の自由を奪うことはありません

うちの猫が昨晩ネズミをいたぶり殺して放置してましたw
そういうこともあるってことで。

Posted by: ムツ | April 01, 2005 at 01:20 AM

・・・なるほど(笑

Posted by: ひろ | April 01, 2005 at 08:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87290/3503985

Listed below are links to weblogs that reference ニンゲン:

» 人が生きるということ [和田草子]
 「空を歩く」のhoornさんの記事をT/Bさせてもらいました。  われわれの社会は生きていく上で、そしてよりよい生活をするために、他の生物を たくさん... [Read More]

Tracked on March 31, 2005 at 03:20 AM

« 宝物 | Main | 細胞大好き »