« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

ニンゲン

無性にシマリスを飼ってみたくなった。肩や腕を駆け回るなんてとても素敵だ。
ネットで調べた。
「歯も、爪も、筋肉も、シッポも、本能も、心も、
すべてが森で生活するためだけに、
完璧にできあがっている野生動物なのです。」

というページに突き当たった。
狭いゲージをぐるぐるぐるぐる回り続けるリスを想像した。
人間とはなんて残酷な生き物なんだろう。

どんな原理で、人間だけが他の生物を支配するまで特殊化したのか。

ギャンブルのために作り、走らせ、用がなくなったら殺してしまう、食用化する・・・
「日本では、引退馬の繁殖・乗馬・コンパニオン等への転用がスムーズに行われる例は比較的少数で、乗馬として転出してもすぐに肥育場に回される馬もおり、多くの馬が食肉消費されているのが現実です。」
このページを見ながら、思わず泣いてしまったけれど
食用として飼われる動物なら、食べてもかわいそうじゃないのか
毛皮を着るのは、実験で動物を殺すのは、正当なのか

わからないわからないわからない

どうして、人間だけが絶対的な力を持つようになってしまったのか。
進化論にのみ従って、こうなってしまったのだろうか。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 30, 2005

宝物

mustang明日は、
私と愛車MUSTANGの3周年記念日です。
だから今日、
ピカピカに磨いてあげました。
馬が大好きな私は

Continue reading "宝物"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 29, 2005

元気でいたい

kikisuinoyuchikaku外来患者さんを見ていると、幸せに生きていけるかどうかは
臓器の健康じゃなくて、性格の健康さだと思う
いい笑顔のおばあちゃんは、家族もみんな笑顔だ。
その中でも一番大事なことって、
 「ゆるす」
ってことかな、とおもう。

Continue reading "元気でいたい"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 27, 2005

手術着に着替えるときは・・・

スミルノフ教授「まずソックスからはく」へのTBです。
白衣を着たまま下を脱いで下を着て、白衣を脱いで上を脱いで上を着ます。
靴下は最後ですね。

Continue reading "手術着に着替えるときは・・・"

| | Comments (15) | TrackBack (0)

March 25, 2005

まにあうかぁ!?

dsc00038.JPG
まだ、実験室。

Continue reading "まにあうかぁ!?"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 24, 2005

「空を歩く」「空を歩く」「空を歩く」

このタイトルの由来は、私のよく見る夢です。でも、これって欲求不満の表れなんですってね。
N@N: 【TB Q&A】あなたのWeblogのタイトルの由来を教えてください...に、乗っかってみました。

Continue reading "「空を歩く」「空を歩く」「空を歩く」"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

March 23, 2005

救急車を呼ぶ女

mitumata_skyやっと帰ってきました。花粉の飛ぶ下界に。今回のスキー診療でもまた、救急車を呼んでしまいました。
診療所は、時に救命病棟24時もびっくりの3次外傷患者さんがやってきます。
スノーボーダーが果敢にジャンプに挑戦するようになってから、益々頻度が高まりました。
普段はのんびーりとしている診療所に、一瞬にして緊張が走ります。

Continue reading "救急車を呼ぶ女"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 20, 2005

スキー診療

我が大学恒例の「スキー診療」に来ています。仕事をしながらスキーも出来る楽しい一時です。今日は今シーズン最高の入場者数で、怪我人も今シーズン最高でした。つまり、最高の状態のゲレンデを前にひたすら骨折や脱臼を整復してました。スノーボーダーの怪我が、ホントに多いです。運ばれて、私に診られないよう、注意です!dsc00029.JPG

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 19, 2005

MOTTAINAI

cuba_sunset

古いニュースらしいんだけど、
今日のニュースステーションを見て初めて知った、マータイさんのこと。
やっぱり、「もったいない」って素敵な日本語。
エコです。
「私にはもったいない」なかなか口から出ない言葉だなぁ。
最近の若者はこの言葉の意味さえわからないらしい。

国連会議でみんなでこの言葉を唱和したらしい。

あと、最近改めて辞書を引いてしまった言葉「やぶさかでない」
今、マイブームです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 17, 2005

運芽ICANの運命

運芽ICANのその後です。
立派になった二枚の葉の間から、ニョキニョキ伸びる細い茎。
…というより、ツタ?
途中に小さな二枚の葉が翼のようについているのがキュートです。
何処にからみに行くんだろう。
花は咲くの?小さな翼は広げるの?dsc00027.JPG

| | Comments (4) | TrackBack (0)

送別会といえば・・・

mojimoji「女医ななこのひとりごと」nanakoさんのblogを読んでいたら、
数年前の送別会を思い出しました。
整形外科たるもの、やはり体育会系的に旅立たねばなりません。
お世話になった方のお礼も、体育会系的に。

そこで、自ら赤い全身タイツを着て
「悲しいとき~」を元に「うれしかったとき~」の紙芝居を作りました。

Continue reading "送別会といえば・・・"

| | Comments (21) | TrackBack (0)

March 16, 2005

看病

看病って「愛する」行為の究極の形な気がする。
そして、現在看病中。
普段はとっっっても愛されたい派。猫かわいがりされて甘やかされて、ずぶずぶになりたい派。
そんな私はB型です。

Continue reading "看病"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

March 15, 2005

Fetishism(ふぇち)

研修医制度が改定されて、最初の一年がそろそろ過ぎようとしています。
マイナー科の私は、彼らとの接触はほとんどありませんが。
一年後には、彼らが入局してくるでしょう。
ところで、自分がどの科に進むかを、決断するとき
「体のどの部分が好きか」が、大いに関係すると思うのです。
ある種のFetishism
ではないかしらと。

Continue reading "Fetishism(ふぇち)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 14, 2005

茶道療法

050313an-g02
an-gのJUNJIRO君の個展&茶会に行ってきました。
写真で紹介した、象の親子の水差し&建水も、桜の木を削った茶杓も、漆塗りの移動式の炉も
茶道具もお菓子も全てJUNJIRO君の手作りです。
彼の人と生りを反映した、ほんわかしたお道具達でした。

若い子達が客人をもてなしているのを見ながら、ふと、
診療室も茶室と同じかもしれない
というより、同じと考えたらちょっと楽しいかもしれないな、と思いました。

Continue reading "茶道療法"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 13, 2005

ZINGARO見てきました!

IMGP0405IMGP0401ZINGAROという、
フランスから待望の来日を果たした、話題の騎馬オペラを見てきました!
バルタバスという、馬術スペクタクルアカデミーをを主催する馬術の天才が作り出す、最高級の芸術です。
バルタバスは「馬と話すのに言葉は要らない。彼らの身体の感触が私たちの夢に応えてくれる」と語っています。
もう、馬好きの私にはたまらない時間でした。

オペラといっても、馬に乗った人が歌うわけではありません。
チベットの僧侶の奏でる読経や音楽の中で繰り広げられる、せりふもないただただ幻想的な舞台です。

人が馬を操るというよりは、馬も神秘的な演技を自らの意思で演じているような・・・。

事前に、舞台中は拍手を控えるように言われるのですが、
そのために場面が途切れず、現実感がどんどん失われていきます。
光の使い方も、衣装も、最高に美しくて、
芸術に携わる人はだれもが感銘を受けると思うほど完成度の高い芸術でした。

今日は、素敵な夢をみて眠れそうです。

特設シアターには主催者HERMESの店舗も出現!ショーウィンドーの写真と、
同シアター内のXEX Caffeの様子の写真を紹介します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2005

女医の「おんなしごと」2

前の記事の続きです。
医者に限らず、九時や十時まで働く女性が、
家事や出産、育児といった「おんなしごと」を引き受けるのは
なかなかたいへんです。
その飲み会の時に、私が「一回の産休でタイミングよく兄弟が欲しいから、人工受精でツインを狙うっていうのはどう?」
って産婦人科の友達に聞いたら、
「ツインの大変さが全然わかってない!」
と、散々おこられまして。
でも、そうでもしなきゃ、子供を二人も産めないし
ここに集まった内のだれも、子供を産もうと思えないのが、
そもそも問題だよねってことになりまして。
一重に医局の体制が問題なんですよね。
私の医局には、子供のいる女医は一人もいない(!)ので、
私が子供をつくった時には、権利をもとめて闘うぞ、後輩の為にも泣き寝入りしないぞぉ!!!と、
ジョッキ片手に誓ったのでした。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

女医の「おんなしごと」

maribooさんのblogからのTBです。
昨日、産婦人科の女医とその結婚相手の泌尿器科医
麻酔科の女医と私の4人で飲みに行きました。
30前の女が3人も集まれば、当然話は「いつ子供を産むか」ということになりました。
・・・・あ、遅刻する!!続きは次回の記事で・・・ごめんなさい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 10, 2005

運芽ICANって知ってます?

運芽ICANって知ってます?
育ててみました。はじめに「すっきり」って書いてある双葉が出てきて、あれよあれよという間にここまで大きくなりました。サボテンさえ枯らせる私でしたが、今回順調なのは実験室の陽当たりが素晴らしいせいでしょうね。日光は偉大だなぁ!これは、製薬会社さんが営業グッズとしてくれたものですけれど、巷でもヒット商品!として売っていたので、驚きました。製薬会社さんが持ちあるいているグッズとか銀行でくれるおまけとかを専用で作っている会社があるんですって。営業の武器ですものね、大事です。営業って、着かず離れずテンションも高くなく低くなくと、加減が難しいでしょうね。医者を蹴っとばしたくなる瞬間なんて、沢山あるんでしょうね。どことなく哀愁の漂う後ろ姿に向かって、「がんばって」と手を合わせてしまいます。dsc00026.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2005

キモノで実験、実験!!

050308blog今日はどうしてもお茶の稽古に行きたくて、実験を途中で放り出し出かけてしまいました。
ということで、お稽古から飛んで帰って、続きをするはめになりました。
夜の実験室ってちょっと怖い。
でも、キモノの上に白衣を着てうろうろする私を見た人のほうが怖かったかもしれません。
実際、守衛さんが何気なく追いかけて来ましたね。
足はありますよ、大丈夫です!

普段の仕事はパンツスタイルが多いです。
脱臼やらを整復する時はなりふり構っていられなくなりますし、
いつ何時患者さんを移動させるのにベッドに登らないといけなくなるかもしれませんし。
でも、看護婦さんってスカートですよね・・・。
女の私でもどきどきする瞬間があるんですから・・・。
確かにスカートのほうがかわいいけれど・・・・ただ男性の策略のような気も・・・。

というわけで、今回は
世にも珍しい「キモノに白衣」を披露します。
白衣の袖にキモノの袖が納まりきらず(当たり前!)ちょっと出ているところが
なんとも間抜けな感じですね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 08, 2005

当直中にはお風呂に入る派!

ある脳神経外科医の毎日
という、脳外科の女医さんのblogに共感してTBしてみました。
当直中はお風呂に入ります!
お風呂にまつわるエピソードは本当にたくさんありまして・・・
もちろん、コールが鳴って泡だらけの頭のまま
 バスタオルだけ引っ掛けて電話に出たこともあります。
古い病院だと怖いし寒いしで震えながら入ったこともあります。
手術室の中の仕切られた空間に、バスタブだけがあって
 排水が詰まっていたのか水があふれ、
 バスタブのへりに両足で立ったまま途方にくれたこともあります。
急な当直で、頭から顔から石鹸だけで洗ったこともあります。
 ぼうす頭の男の人ならまだしも、私の髪の毛はごわごわになりました。
でも、入ります!
入った後、眉毛だけは絶対に書きます!!!!!

| | Comments (233) | TrackBack (0)

March 06, 2005

当直中

当直中に考えた救急外来にかかるときのポイントを書きます。
消防庁内の「消防テレホンサービス」
  都内なら03-3212-2323にかけて、近くの救急患者を受け入れている病院を教えてもらう。
    
    これ、一番重要です。
    かかりつけの病院が、どんな科の救急外来をしているか
    普段からチェックしておくといいと思います。

かかろうと思う病院に電話する
    急ぐ気持ちはわかりますが、以下の点から電話をあらかじめした方がいいと思います。
    ① 来院までの対処法を聞くため。
    ② 準備をしてもらうため。(カルテを出したり、必要な処置の準備とか。)
    ③ 対処可能な状態かの確認のため。
        当直医も各科一人しかいないので、手一杯なこともあります。
        症状によってはもっと大きな病院や救命センターを紹介することもあります。
        入院が必要そうな場合、ベッドがない可能性もあります。

電話があった時点から、お待ちしていますから、なるべく早く来てください。
前に、「入院の準備とか、身の回りの整理とかしていたので・・・」と5時間後に来院した方もいましたが
入院が必要かどうかは、みてみないとわかりませんので・・・・。

あと、電話の対応で深夜に眠そうで、ちょっと不機嫌そうでも許してください。
ほとんどの医者は、当直の次の日はふつうに朝から仕事です。
だから、夜は患者さんが列をなしていない限り、隙を見て眠っていますから・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

March 05, 2005

お茶のお稽古

今日は、久しぶりにお茶のお稽古に行ってきました。
お茶。
私にとっては、座禅とか瞑想とかといっしょです。
基本的には「一服のお茶をおいしく飲んでいただくサロンを作る」というのが茶道だと思いますが。
私はお稽古が大好きです。
毎回、基本的には同じことをくりかえし繰り返しするだけなのですが
「無心」って大事です。
みなさんは「無心」になれる時間をもっていますか?
お茶って、そんなに堅苦しいものではないので、

仲間のページ

に取り上げたan-gを訪れてみてくださいな
脈々と続く茶道の世界で新たな息吹を吹き込む若い精神を感じてみてくださいませ。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

March 04, 2005

コンプレックス:英語

今日はネット上で英語のプライベートレッスンでした。
English Town
ヘッドセットをつけて、世界中の英語の先生と会話を楽しむのですが
「英会話もここまできたか」ってかんじですね。
クイズなどを解きながらステップアップしていく自主学習プランもよくできています。
英会話教室フリークで、いろんなところに通っていた私ですが
先生の質がぜんぜん違います。
ただしゃべってるだけでなく、正しい言い回しに直してくれるんです。
なかなか、いいですよ。

そして、
やっぱり、TB(トラックバックの略でいいんですよね!?)していただけるとうれしいですね。
Tenの健康情報局
ありがとうございます。

~この「手の感覚」、整形外科医がこれを覚えれば無敵の整形外科医が誕生するのではといつも思ってしまう。
「診断については」ですね。施術は出来ません。餅は餅屋、です。
でも、ぜひ「手の感覚」を身に着けたいと日夜努力しています。うちの教授の口癖が「触りなさい」ですし。

膨大な医学知識と5分間診断とまで言われる非常に洗練された問診の技術。
なのに、触診はいい加減。
本当に、耳が痛いです。
でも、そういう事が出来る医師が増えてくれれば、我々の立場ももう少し良いものになるのになと思います。
がんばります。ありがとうございました。
あしたもたくさん触って、たくさん説明します。

| | Comments (277) | TrackBack (0)

March 03, 2005

モンゴルに帰りたい

garop
病院という無機質な空間に長時間
日本という「足す」ことに必死な国
そして、消費してこそ成り立つ世界にに長期間
自分のバランスをどこにおいていいのかわからなくなります。
あの子達に 会いたいなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 01, 2005

偽りの椎間板ヘルニア

naposedeさんのblog 

 診察を受けた(レントゲンも撮った)ところ、「腰椎椎間板ヘルニア」じゃないか、って言われました。
 それ以来ずっと「ヘルニア持ち」だと思ってそれをネタに生活してきたのですが、
 今日、それは思いこみだと言うことが発覚しました。
 腰のヘルニアになると、かなり高い確率で足に痛みが出るらしい。(中略)
 さらにヘルニアは1~2週間では治らないという。、レントゲンではヘルニアかどうかわからない、
 MRIなどで調べる必要がある、という。
 というのも、レントゲンに神経や椎間板は映らないんです。
 だから、レントゲンを撮っただけでは、椎間板が飛び出てるかどうかなんて、わかんないという。

とありました。
そうなんです!
レントゲンで見えるのは、「椎体と椎体(背骨)の間が狭まっている」ということだけ!
ヘルニアという診断名がつくためには、その他いろいろな検査が必要です。
外来にも、「ウン年前に、レントゲンでヘルニアって言われまして・・・」という患者さんが
たくさん、たくさん来ますが・・。
セラピスト・ラプソディ~take care~にも書いていらっしゃいますように、
筋肉の「質の悪さ」によって起こる腰痛がほとんどだという印象を私も持っています。
ぱっと見ての「椎間板ヘルニア」は、一種の逃げ口上だ!なんて、いいすぎですかね。ふふふ。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

« February 2005 | Main | April 2005 »